損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故の慰謝料は自分で計算できる?

弁護士

「慰謝料ってどうやって計算するの?」
「交通事故の加害者が提示してきた慰謝料って妥当なの?」

交通事故に遭った際、相手から提示された慰謝料に疑問を持つ方は多いのではないでしょうか?

本当に妥当な金額なのか、何かごまかされたりしていないか、心配になりますよね

実は慰謝料には計算の基準や金額の目安があります。

必ずしも完璧な金額を計算できるわけではありませんが、慰謝料の計算方法を知っていれば、あなたも自分で慰謝料をある程度は目星をつけておくことができます。

この記事では、自分で慰謝料の計算をする方法をお話しします。

交通事故の慰謝料を計算するときの参考基準

慰謝料は「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の3つの基準を元にして計算されます。

それぞれの基準について、下記まとめました。

自賠責基準

自賠責保険は、車を運転する人が必ず加入する自動車保険です。

自賠責基準の慰謝料の金額は、法令で決められている最低ラインされています。

任意保険基準

自賠責保険だけでは足りない慰謝料を追加で支払ってくれます。

しかし、それぞれの保険会社が任意保険基準の金額を内部で設定しているので、会社によって金額が上下してしまいます。

任意保険基準で支払ってもうらうためには、交通事故の加害者が、自賠責保険の他に保険に加入していなくてはなりません。

弁護士基準

弁護士基準は、3つの慰謝料の基準のうち、もっとも高額です。

示談交渉が決裂して弁護士に依頼したときに弁護士から提示される金額で、裁判をしたら認められる可能性が高いのが特徴です。

交通事故の加害者が任意保険に未加入だった場合、弁護士基準が採用される場合が多いです。

交通事故の入通院慰謝料の計算方法

任意保険基準の計算は各保険会社によって基準が違うため、自賠責基準と弁護士基準のみのご紹介となります。

それぞれの入通院慰謝料の例をご覧ください。

自賠責基準の慰謝料の計算方法

自賠責基準では、1日分の慰謝料の最低金額は4200円と決まっています。

2つの計算式で計算して、より金額が少ない方を慰謝料として請求しますす。

  • 入通院慰謝料=4200円(1日の慰謝料)×病院に通っていた期間
  • 入通院慰謝料=4200円(1日の慰謝料)×実際に通院した日数×2

▲例:10日間の通院期間で、通院した日数は5日間の場合

  • 4200円(1日の慰謝料)×10日間(病院に通っていた期間)=42000円
  • 4200円(1日の慰謝料)×7日間(実際に病院に通った日数)×2=58800円

⇒少ない額である42000円が請求できる慰謝料です。

弁護士基準の慰謝料の計算方法

弁護士基準は、「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」に記載されている料金表を参考にして請求します。

例:通常の入通院慰謝料(3ヶ月)

■通院の場合

  • 1ヶ月:28万円
  • 2ヶ月:52万円
  • 3ヶ月:73万円

■入院の場合

  • 1ヶ月 53万円
  • 2ヶ月 101万円
  • 3ヶ月 145万円

交通事故の後遺障害慰謝料の目安

後遺障害が残ってしまった場合、後遺障害の重さに応じて14~1の等級が割り振られます。

各等級によって慰謝料の相場が定められており、等級の数字が小さいほど昏睡状態、要介護といった重い後遺障害として慰謝料の相場の金額が高く設定されています。

▲1級

  • 自賠責保険基準:1100万円
  • 任意保険基準:1600万円
  • 弁護士基準:2800万円

▲2級

  • 自賠責保険基準:958万円
  • 任意保険基準:1300万円
  • 弁護士基準:2370万円

▲3級

  • 自賠責保険基準:829万円
  • 任意保険基準:1100万円
  • 弁護士基準:1990万円

▲4級

  • 自賠責保険基準:712万円
  • 任意保険基準:850万円
  • 弁護士基準:1670万円

▲5級

  • 自賠責保険基準:599万円
  • 任意保険基準:750万円
  • 弁護士基準:1400万円

▲6級

  • 自賠責保険基準:498万円
  • 任意保険基準:650万円
  • 弁護士基準:1180万円

▲7級

  • 自賠責保険基準:409万円
  • 任意保険基準:500万円
  • 弁護士基準:1000万円

▲8級

  • 自賠責保険基準:324万円
  • 任意保険基準:450万円
  • 弁護士基準:830万円

▲9級

  • 自賠責保険基準:245万円
  • 任意保険基準:300万円
  • 弁護士基準:690万円

▲10級

  • 自賠責保険基準:187万円
  • 任意保険基準:200万円
  • 弁護士基準:550万円

▲11級

  • 自賠責保険基準:135万円
  • 任意保険基準:200万円
  • 弁護士基準:420万円

▲12級

  • 自賠責保険基準:93万円
  • 任意保険基準:150万円
  • 弁護士基準:290万円

▲13級

  • 自賠責保険基準:57万円
  • 任意保険基準:65万円
  • 弁護士基準:180万円

▲14級

  • 自賠責保険基準:32万円
  • 任意保険基準:45万円
  • 弁護士基準:110万円

死亡事故の慰謝料の目安

死亡した本人が家族内でどのような役割であったのかにより、慰謝料が上下します。ただし、厳格な基準はありません。死亡事故では、遺族への慰謝料も認められるため、死亡した本人の慰謝料と遺族への慰謝料の合計で考えます。

自賠責基準

自賠責基準の慰謝料はどんなケースであろうと、金額が決まっています。

自賠責基準の慰謝料
  • 死者本人への慰謝料:350万円
  • 慰謝料を請求する遺族が1人:550万円
  • 慰謝料を請求する遺族が2人:650万円
  • 慰謝料を請求する遺族が3人:750万円

遺族1人に対して100万円ずつ加算されていきます。

被害者が家族を扶養している場合の自賠責基準の慰謝料
  • 死亡した交通事故の被害者の扶養家族の遺族が1人:750万円
  • 死亡した交通事故の被害者の扶養家族の遺族が2人:850万円
  • 死亡した交通事故の被害者の扶養家族の遺族が3人:950万円

慰謝料が認められる遺族の範囲は、配偶者と子ども(養子や認知した子ども、胎児を含む)、親(養親を含む)までです。

任意保険基準

任意保険基準は、各保険会社でそれぞれ社内基準が定められています。

以下の任意保険基準の目安のように、被害者の立場によって金額に差があります。

  • 大黒柱 1500 ~ 2000万円程度
  • 配偶者 1300 ~ 1600万円程度
  • 子ども 1200 ~ 1600万円程度
  • 高齢者 1100 ~ 1400万円程度

弁護士基準

弁護士基準も、任意保険基準と同じく被害者の立場によって金額が変動します。

それぞれの事例ごとに金額が大きく異なりますが、3つの基準の中で最も高額な傾向があります。

  • 大黒柱 2800 ~ 3600万円程度
  • 配偶者 2000 ~ 3200万円程度
  • 独身者 2000 ~ 3000万円程度
  • 子ども/高齢者 1800 ~ 2600万円程度

胎児が死亡した場合

胎児が死亡した場合、胎児自身に対する慰謝料の請求はできません。

その代わり、母親が胎児の死で受けた精神的苦痛に対する慰謝料を請求できます。

  • 妊娠8週:150万円程度
  • 妊娠12週200万円程度
  • 妊娠18週350万円程度
  • 妊娠27週250万円程度
  • 妊娠36週700万円程度
  • 妊娠39週800万円程度

確実な慰謝料の計算なら弁護士への依頼がベスト

これまでにご紹介した方法である程度慰謝料の目星をつけることぐらいはできるでしょう。

しかし、よりたしかな金額を知るには、法律のプロである弁護士に依頼するのがおすすめです。

気になる方はお近くの弁護士事務所に相談へ行ってみましょう。

まとめ

研究
  • 慰謝料は「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の3つの基準を元にして計算する
  • 入通院慰謝料の自賠責基準での計算は「入通院慰謝料=4200円(1日の慰謝料)×病院に通っていた期間」「入通院慰謝料=4200円(1日の慰謝料)×実際に通院した日数×2」の低い額が選ばれる
  • 入通院慰謝料の弁護士基準での計算は「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」に記載されている料金表を参考にしている
  • 後遺障害慰謝料の金額は、後遺障害の重さに応じて金額の基準がある
  • 死亡事故の慰謝料は死亡した本人が家族内でどのような役割であったのかにより、慰謝料が上下する
  • よりたしかな慰謝料を計算してもらうには、弁護士にお願いするのがおすすめ

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分