損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故でCRPSを患った人の慰謝料請求

弁護士

「交通事故の怪我は治ったのに、疼くような痛みがいつまでもひかない」
「怪我をした箇所がむくんでいる」
「事故以来足の関節がおかしくて普通に歩けない…」

原因のハッキリしないこんな症状にお悩みだとしたら、交通事故によるCRPSの後遺障害を疑った方がいいかもしれません。

交通事故によって、CRPSを患ってしまったら、慰謝料を請求することが出来ます。

ただし、慰謝料請求のためには、CRPSが交通事故によって引き起こされたものであるという認定を受ける必要があります。

CRPSは発症する原因や治療法が確立されておらず、症状も人によって千差万別であるため、事故との因果関係の証明が大変難しい病気です。

この記事では、交通事故でCRPSを患った人が相応の慰謝料請求が出来るように、CRPSの診断基準後遺障害認定、慰謝料請求について解説していきます。

交通事故が原因で患うCRPS【基礎知識】

交通事故が原因で起こるCRPSでは、激しい灼熱痛、手や足の機能低下、着衣や微風の接触が痛みとなる浮腫、皮膚色の変化などの症状がみられます。

この項では、まず、CRPSとはどんなものなのか? そして、交通事故でCRPSを患うとどんな症状が起きるのか?を具体的に説明していきます。

交通事故に遭われたあなたやご家族に、あてはまる症状がないか照らし合わせてご覧ください。

CRPSとは

CRPS(複合性局所疼痛症候群)は、「RSD」(反射性交感神経性ジストロフィーの略称)と「カウザルギー」を併せて総称したものです。

RSD(反射性交感神経性ジストロフィーの略称)とは骨折や捻挫、打撲などの外傷を発端として慢性的な痛みや腫れの自律神経症状が持続することで、運動制限や関節の拘縮が起こる症状のことです。

「カウザルギー」とは、1本の神経や主要な分枝の部分損傷後に起こる手や足などの灼熱痛、アロディニア(※)、通書く過敏などの症状をいいます。

(※アロディニア:通常は疼痛をもたらさない微小刺激が、疼痛としてとても痛く認識される感覚異常のこと)

RSDCRPSのタイプⅠ、カウザルギーをCRPSのタイプⅡと分類することもあります。

交通事故で患うCRPSの症状

交通事故による怪我が完治した後に、以下のような症状が持続的に表れた場合はCRPSを患っている可能性があります。

  • 疼痛、灼熱痛と形容される激しい痛みを感じる
  • 身体の組織や器官の一部が腫れる
  • 関節拘縮を発症する
  • 皮膚が光沢や緊張を失い、蒼白となり、皮膚温が低下すると共に乾燥してくる

少しでも疑いがあると思われたら、早めに専門医の診断を仰ぐようにしましょう。

交通事故が原因のCRPSの慰謝料請求には「後遺障害等級認定」が必要

交通事故で引き起こされたCRPS慰謝料を請求するには、「後遺障害等級認定」を受けることが必要になります。

後遺障害認定手続きの流れ

  1. 医師に後遺障害診断書を書いてもらう。
  2. 保険会社へ後遺障害診断書を送付する。
  3. 送付された書類は、保険会社から損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所(※)へまわされる。(※損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所は請求書類に基づいて公正かつ中立の立場で調査を行う機関。必要に応じて事故当事者も調査する)
  4. 損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所で後遺障害の調査が行われ、等級(※)の判断がされる。※等級に関しては後の項で説明します。
  5. 自賠責損害調査事務所の判断結果が保険会社へ通知され、保険会社から被害者へ後遺症認定結果として通知される。

適切な後遺障害等級認定を受けるためには、医師が記載する後遺障害診断書の内容が重要になります。

有効な後遺障害診断書を書いてもらうのに必要な診断基準と、等級認定の基準について解説していきます。

交通事故によるCRPSの慰謝料請求を考えている人は、大きなポイントになりますので、しっかり把握するようにしてください。

CRPSの診断基準

CRPSは他の病気の症状と類似している部分が多いことから、立証が困難な傷病だといわれています。

CRPSと診断されるためには、まず以下の3点の症状を裏付けるための検査が必要です。

  • 関節拘縮
  • 骨萎縮(レントゲン、骨シンチグラフィー検査が必須)
  • 皮膚の変化(皮膚温の変化、皮膚の萎縮)(サーモグラフィ検査が必須)

さらに、CRPSと認定されるためには、専門医に厚生労働省のCRPS判定基準検査、GibbonsのRSD検査を要請し、後遺障害診断書に記載してもらうことが必要になります。

GibbonsRSDスコア】

陽性=1点、陰性=0点、不明瞭=0.5点でカウントし、合計点が2.5点以下はRSDでない、34点はRSDの疑いあり、5点以上をRSDと診断する。

  1. 疼痛異常・過敏
  2. 灼熱痛
  3. 浮腫
  4. 皮膚色や発毛の異常(蒼白・光沢・脱毛)
  5. 発汗異常(過多・過小)
  6. 皮膚温度の異常(低下・上昇)
  7. XP上の骨萎縮像(ズディック骨萎縮)
  8. 血管運動障害(レイノー現象・冷感・紅潮)
  9. 骨シンチグラフィーの異常所見(集積像)
  10. 交感神経ブロックが有効

陽性=1点、陰性=0点、不明瞭=0.5点でカウントし、合計点が2.5点以下はRSDでない、3〜4点はRSDの疑いあり、5点以上をRSDと診断する。

<参照:日本臨床麻酔学会総会―RSDの診断と治療>
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsca1981/18/2/18_2_134/_pdf

後遺障害等級認定を受けるためには、交通事故によってCRPSになったとする医師の診断結果が不可欠です。

また、CRPSは症状の判断が難しい上に、保険会社等はCRPSを発症したのは被害者の心因的な要素が大きいとして損害額の減額を主張し、等級を争って訴訟(裁判)になってしまうことも多々あります。裁判では詳細な検査結果があった方が当然有利です。

CRPSの等級認定の基準

交通事故の後遺障害認定の申請をすると、後遺症の度合いに対して等級が決められます。

交通事故の後遺障害の等級は最も重篤な1級から症状の軽い14級の14段階、さらに部位別に140種類と細かく規定されていて初心者が理解するにはかなり煩雑です。

ここではCRPSに特化して分かりやすくご説明します。

CRPSで後遺障害として認定される可能性のある主な等級は、大きく分けて以下の表の4つになります。

等級

 

後遺症の程度

7

4

神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの

9

10

神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの

12

13

局部に頑固な神経症状を残すもの

14

9

局部に神経症状を残すもの

交通事故でCRPSを患った人の慰謝料請求

交通事故でCRPSを患った被害者が請求できる慰謝料は2種類あります。

入通院慰謝料

交通事故によって病院治療が必要な状態になった場合の、精神的苦痛に対して請求できる慰謝料

後遺障害慰謝料

交通事故で後遺症の残る怪我を負わされた精神的苦痛に対して請求できる慰謝料

慰謝料の金額は算出基準によって違いますので、次項で解説していきます。

交通事故の慰謝料相場は3つの算出基準によって違う

交通事故の慰謝料には以下の3つの算出基準があります。

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士基準

どの基準を適用するかで慰謝料の金額は大きく変わりますので、以下を読んで比べてみてください。

【自賠責基準の慰謝料】

自賠責基準とは、交通事故によって負傷した被害者に対し、法令で決められた最低限の補償を行うことを目的とする基準のことです。

自賠責基準の慰謝料計算方法は以下になります。

A.全入通院期間(入通院初日〜入通院最終日までの日数)

B.実際に入通院した日数を2倍にした値

※慰謝料=AとBを比べて、値が低いほうに4.200円をかけて算出

たとえば、入院1ヶ月、通院期間2ヶ月で、そのうち実際に病院に通ったのが10日間だった人の慰謝料を計算してみると……

A.入院期間30日+通院期間60日=90
B.(入院日数30日+通院日数10日)×2倍=80

となり、Bの低い値をとって、80×4.200円=336千円が入通院慰謝料になります。

【任意保険基準の慰謝料】

任意保険基準とは、自動車保険会社が交通事故によって負傷した被害者に対し独自に設けている基準です。

任意保険基準は保険会社によって算出方法が異なるため、正式な参考データはご紹介できませんが、一般に、自賠責基準と同等、または少し多めの金額が設定されています。

【弁護士基準の慰謝料】

弁護士基準とは、裁判所における判例などを参考にした基準のことです。自賠責基準や任意保険基準よりも高額な慰謝料が設定される可能性が高い基準です。

たとえば、後遺障害慰謝料の相場を自賠責基準と弁護士基準で比べると以下の表のようになります。

等級(※)

自賠責基準

弁護士基準

1

1.100万円

2.800万円

2

958万円

2.370万円

3

829万円

1.990万円

4

712万円

1.670万円

5

599万円

1.400万円

6

498万円

1.180万円

7

409万円

1.000万円

8

324万円

830万円

9

245万円

690万円

10

187万円

550万円

11

135万円

420万円

12

93万円

290万円

13

57万円

180万円

14

32万円

110万円

弁護士基準での請求には、相応の根拠が必要となります。弁護士を立てずに、弁護士基準での支払いを請求しても認められることはまずありません。

交通事故によって患ったCRPSは、事故との因果関係の証明を含めて等級認定が非常に煩雑であるため、保険金問題の訴訟(裁判)にまでもつれこむ事が多くあります。

適正な後遺障害等級認定を受け、相応の慰謝料を受け取るためには、専門的な知識のある弁護士に相談するのがおすすめです。

まとめ

研究

■交通事故が原因で患うCRPSの主な症状

  • 疼痛、灼熱痛と形容される激しい痛みを感じる
  • 身体の組織や器官の一部が腫れる
  • 関節拘縮を発症する
  • 皮膚が光沢や緊張を失い、蒼白となり、皮膚温が低下すると共に乾燥してくる

CRPSと診断されるためには以下の3点の症状を裏付けるための検査が必要

  • 関節拘縮
  • 骨萎縮
  • 皮膚の変化(皮膚温の変化、皮膚の萎縮)

※CRPSの後遺障害等級認定を受けるためには、交通事故によってCRPSになったとする医師の詳細な診断結果が不可欠である。

交通事故でCRPSを患った人が請求できる慰謝料は2種類ある

  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料

交通事故の慰謝料相場は3つの算出基準によって金額が違う

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士基準

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分