損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故の被害でめまいがあると後遺障害に認定される?

弁護士

「交通事故以来、めまいがするようになった」
「めまいは特に怪我ではなさそうだけど、後遺障害として認められるの?」

めまいは他の怪我のように見た目でわかるものではありませんが、平衡感覚が正常に保てなかったり、気分が悪くなったり、明らかに日常に支障をきたしてしまいます。

交通事故のような強い衝撃を受けた場合、見た目には分からないだけで脳に損傷がある可能性もあるため、たかがめまいとは思わず、しっかりと治療することが大切です。

しかし、自分の不注意のせいではないのに、自腹を切って治療費を出すのは納得がいかないでしょう。

そこで、めまいがずっと続く場合は後遺障害として認めてもらえれば、慰謝料を多くもらえるかもしれません。

この記事では、交通事故のめまいは後遺障害に認定について、お話しします。

交通事故でめまいがするようになったら後遺障害として認めてもらえるの?

めまいは、例えば熱が出たときや少し調子が悪いときにも起こるので、軽視されてしまうことがありますが、強い衝撃でめまいが起こったり、ずっと続いたりすると、警戒が必要です。

交通事故が原因のめまいで特に可能性がある負傷

交通事故では日常で受けることの無い強い衝撃を身体に受けるため、見た目には分からずとも負傷している可能性があります。

例えば、以下の2つの負傷は交通事故が原因のめまいで特に多い代表的な負傷です。

  • むちうち
  • 脳の損傷

▲むちうち

交通事故で特に多い負傷で、自動車の衝突による大きな衝撃で首が強く振られることで、頚椎を損傷してしまいます。

▲脳の損傷

脳挫傷などで脳を損傷してしまうことで、めまいが起こる場合があります。

この場合、めまいよりも大きな症状が隠れている可能性もあるので、脳神経外科で診てもらいましょう。

交通事故のめまいで認められる可能性がある後遺障害等級

めまいは程度によっては後遺障害として認めてなもらえます。

以下に、めまいで認められる可能性がある後遺障害等級をまとめました。

▲後遺障害等級 14級

めまいの自覚症状はあるが、眼の揺れや平衡機能に異常が見られないが、めまいのすることの理屈が医学的に推測できる

  • 自賠責保険基準 32万円
  • 任意保険基準 45万円
  • 弁護士基準 110万円
  • 逸失利益 5%

▲後遺障害等級 12級

働くことができるものの、めまいの自覚症状があり、眼の揺れや平衡機能に異常がある

  • 自賠責保険基準 93万円
  • 任意保険基準 150万円
  • 弁護士基準 290万円
  • 逸失利益 14%

▲後遺障害等級 9級

仕事が制限されるが働くことができるものの、強いめまいの自覚症状があり、眼の揺れや平衡機能に明らかな異常がある

  • 自賠責保険基準 245万円
  • 任意保険基準 300万円
  • 弁護士基準 690万円
  • 逸失利益 35%

▲後遺障害等級 7級

気分の悪さと平衡機能障害のために、少ししか働くことができない

  • 自賠責保険基準 409万円
  • 任意保険基準 500万円
  • 弁護士基準 1000万円
  • 逸失利益 56%

▲後遺障害等級 5級

ひどい気分が悪さと平衡機能障害のために、ごくわずかしか働くことができない

  • 自賠責保険基準 599万円
  • 任意保険基準 750万円
  • 弁護士基準 1400万円
  • 逸失利益 79%

▲後遺障害等級 3級 

日常生活をする上で一応最低限の家事などをできなくはないが、酷い気分の悪さと平衡機能障害のために、働くことができない

  • 自賠責保険基準 829万円
  • 任意保険基準 1100万円
  • 弁護士基準 1990万円
  • 逸失利益 100%

めまいの慰謝料に大きく影響するる3つの基準と逸失利益

慰謝料には以下の3つの基準があります。

同じ後遺障害等級の中でもどの基準で慰謝料を計算するかによって金額は大きく変わります。

慰謝料を高額で請求するためには、3つの基準のうち、弁護士基準で請求することが大切です。

▲弁護士基準

弁護士基準は3つの慰謝料の基準で最も高額です。

これまでの交通事故の判例を参考に慰謝料を算出しており、弁護士基準で請求するには、弁護士に依頼をするのが最もおすすめです。

▲任意保険基準

自賠責保険とは別に、任意で入る保険で、自賠責保険だけでは払いきれない慰謝料を支払ってくれます。

詳細な基準は各保険会社が内部で設定していて各会社で金額が異なります。

▲自賠責基準

自動車を運転する人は必ず自賠責保険に加入しなくてはなりません。

法令で決められた最低限の慰謝料が支払われます。

▲逸失利益

逸失利益とは、給料など、交通事故の被害に遭って業務に支障をきたしていなければ本来得ていたであろう利益のことです。

例えば、後遺障害等級9級以上の通常通り働けなかった分の賃金などです。

後遺障害逸失利益=基礎収入 × 労働能力喪失率 × ライプニッチ係数という式で計算することができます。

交通事故で起きためまいの検査から後遺障害認定申請まで

めまいの検査はあなたにしか感覚が分からないため、検査をして詳細に調べます。

検査から後遺障害申請までの手順を以下にまとめました。

  1. めまいの検査をして、症状固定し、後遺障害診断書を書いてもらう
  2. 後遺障害等級の申請に必要な書類を記入、保険会社に提出
  3. 希望する後遺障害等級にならなかった場合は異議申立てをできる

▲1.めまいの検査をして、症状固定し、後遺障害診断書を書いてもらう

後遺障害を認定してもらうために、以下の手順で解決を目指します。

  • 検査をしてあなたのめまいを詳細に調べる
  • 症状に適した治療を進め、治療が終わったら症状固定
  • 医師に後遺障害診断書を書いてもらう

めまいには以下の2種類があります。

  • 定型性めまい 周囲が回って、床が傾くような感覚のめまい
  • 非定型性めまい 宙に浮いたような、不安定なめまい

次に、以下の点を検査します。

眼振検査

  • 注視眼振検査
  • 自発眼振検査
  • 頭位眼振検査
  • 頭位変換眼振検査

迷路刺激検査

  • 温度刺激検査
  • Visual suppression検査
  • 回転刺激検査
  • 電気刺激検査
  • 前庭誘発頸筋電位検査

視刺激検査

  • 視運動性眼振検査
  • 追跡眼球運動検査

体平衡検査

  • 静的平衡検査
  • 動的体平衡検査

これらの検査が終わったら適切な治療をし、治療が終わったら、完治、もしくはこれ以上治療を続けてもこれ以上の改善が見込めないと判断し、治療を終了して最終的な症状を決定する「症状固定」をします。

症状固定をすると、医師に後遺障害診断書を書いてもらえます。

▲2.後遺障害等級の申請に必要な書類を記入、保険会社に提出

後遺障害の認定は、書類のみで行われます。

必要な書類は以下の5点となります。

  • 自賠責保険支払請求書兼支払指図書
  • 交通事故証明書
  • 事故発生状況確認書
  • 診療報酬明細書及び診断書
  • 後遺障害診断書

書類のみで審査されるからこそ、漏れのないよう、注意を払って書類を作成作成、提出ししょう。

あなただけで書類を作成するのが不安なら、弁護士に相談することをおすすめします。

▲3.希望する後遺障害等級にならなかった場合は異議申立てをできる

希望していた後遺障害等級に認定されなかった場合は、異議申立てをすると後遺障害等級認定の再手続きの申請ができます。

ここでも、弁護士にサポートを依頼するのがおすすめです。

まとめ

研究
  • 交通事故のめまいの原因で多いのはむちうちと脳の損傷
  • めまいでも後遺障害に認定してもらえる可能性がある
  • めまいの症状で後遺障害認定してもらえる等級は14級、12級、9級、7級、5級、3級
  • めまいは程度によっては就業が難しいため、逸失利益を認めてもらえる場合がある
  • めまいには定性性めまい、非定性性めまいがある
  • めまいの症状は本人しか分からないので、いくつもの検査を受けて詳細に調べる必要がある

 

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分