損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故でてんかんを患った人の慰謝料請求

弁護士

交通事故のあと、身体に痙攣が起きるようになった」
「時々意識がなくなる。すぐ戻るけれど交通事故の前にはなかった症状だ」

こんな悩みをお持ちだとしたら、それは交通事故によるてんかんの後遺障害を疑った方がいいかもしれません。

交通事故によって、てんかんを患ってしまったら、慰謝料を請求することが出来ます。

ただし、慰謝料請求のためには、てんかんが交通事故によって引き起こされたものであるという認定を受ける必要があります。

交通事故によって引き起こされるてんかんでは、痙攣などの目立った症状がなくても脳波上にてんかんの発症が確認されるケースがあり、事故との因果関係が保険会社との交渉の中で争われることが少なくありません。

この記事では、交通事故でてんかんを患った人が相応の慰謝料請求が出来るように、てんかんの診断基準後遺障害認定、慰謝料請求について解説していきます。

交通事故が原因で患うてんかんの基礎知識

てんかんにはいくつか種類がありますが、交通事故によって引き起こされるのは外傷性てんかんといわれるものです。

外傷性てんかんとはどんな症状で、どのような診断基準があるのかについてご説明します。

外傷性てんかんの症状

外傷性てんかんの主な症状は以下のようなものです。

交通事故に遭われたあなたやご家族に、該当する症状がないかチェックしてみてください。

  • 非常に短い時間の意識消失を起こす発作を繰り返す(欠神発作)
  • 痙攣発作を起こす(間代発作)
  • 手足が突っ張り身体が硬直する発作が起きる(強直発作)
  • 全身や手足が一瞬びくっとする発作を繰り返す(ミオクロニー発作)
  • 特殊な行動を取る、感覚や感情が変化するなど様々な症状が現れる発作を起こす(複雑部分発作)

【外傷性てんかん】2つの診断基準

外傷性てんかんの診断には2つの基準が必要になります。

  1. てんかんであること
  2. てんかん発作が脳の外傷を原因とするものであること

1の診断は、脳波検査をして、てんかん性放電や非突発性といった脳の異常の有無を確認することで行います。

2の診断には、Walkerの基準という以下のような診断基準が用いられます。

Walkerの基準

  1. 発作がまさしくてんかん発作であること
  2. 外傷以前にはてんかん発作の症状を起こしていないこと
  3. 他に脳又は全身疾患がないこと
  4. 外傷が脳損傷を起こし得るほどに強い外傷だったこと
  5. 外傷後あまり経過していない時期に最初のてんかん発作が起こったこと
  6. てんかんの型、脳波所見及び脳損傷部位が一致していること

交通事故が原因のてんかんの慰謝料請求には「後遺障害等級認定」が必要

交通事故で引き起こされた外傷性てんかんで慰謝料を請求するには、「後遺障害等級認定」を受けることが必要になります。

後遺障害等級認定を受けるためには、交通事故によって外傷性てんかんになったとする医師の診断結果が不可欠です。

ですので、事故から時間が経たないうちにMRICT、脳波検査などを受け、専門の診断を仰ぐようにしてください。

事故のあと、前項で述べたようなてんかん発作を起こした場合はもちろんですが、1度も発作を起こしていなかった場合にも、脳波の検査でてんかん性の棘波が見られることがあります。

それが交通事故によるものと判断されれば、後遺障害等級が認定されますので、事故で頭部に衝撃を受けた場合は、発作のあるなしに関わらず脳の検査を受けておいた方がいいでしょう。

高齢者のてんかんは見誤りがち

高齢者の場合、てんかんの症状が見られても周囲から認知症やうつ病などの精神的疾患と勘違いされることがあります。

以下のような症状がある場合は、てんかんの可能性が高いといえます。

  • 状態が良い時と悪い時の差が大きい
  • 記憶がない時とある時が混在する
  • 意識が短時間(35分)途切れることがある
  • 身体をゆする、ボタンをいじるなどの動作をする
  • 睡眠中にけいれんを起こすことがある

このような症状があって、直近で交通事故に遭っていた場合、てんかんを発症した可能性が高いので、早めに専門医の検査を受けるようにしてください。

てんかんは症状の判断が難しく、等級(※)を争って訴訟(裁判)になってしまうことも多々あります。裁判では脳の検査結果などの証拠書類があった方が当然有利です。

(※)等級については次項で説明します。

てんかんの等級認定の基準

交通事故の後遺障害認定の申請をすると、後遺症の度合いに対して等級が決められます。

交通事故の後遺障害の等級は最も重篤な1級から症状の軽い14級の14段階、さらに部位別に140種類と細かく規定されていて初心者が理解するにはかなり煩雑です。

ここでは外傷性てんかんに特化して分かりやすくご説明します。

外傷性てんかんが後遺障害として認定される主な等級は、大きく分けて以下の表の4つになります。

等級

 

発作の状態と症状

5

2

1ヶ月に1回以上の発作があり、かつ、その発作が「意識障害の有無を問わずに転倒する発作」又は、「意識障害を呈し、状況にそぐわない行為を示す発作」(以下「転倒する発作等」と表記)である場合

7

4

転倒する発作等が数ヶ月に1回以上あるもの又は転倒する発作等以外の発作が1ヶ月に1回以上あるもの

9

10

数ヶ月に1回以上の発作が転倒する発作等以外の発作であるもの又は服薬継続によりてんかん発作がほぼ完全に抑制されているもの

12

13

発作の発現はないが、脳波上に明らかにてんかん性棘波を認めるもの

※外傷性てんかんの発作を繰り返すことで、高次脳機能障害を併発する場合があり、それによって1級、2級、3級が認定されることもあります。

交通事故でてんかんを患った人の慰謝料請求

交通事故で、てんかんを患った被害者が請求できる慰謝料は2種類あります。

入通院慰謝料

交通事故によって病院治療が必要な状態になった場合の、精神的苦痛に対して請求できる慰謝料

後遺障害慰謝料

交通事故で後遺症の残る怪我を負わされた精神的苦痛に対して請求できる慰謝料

慰謝料の金額は算出基準によって違いますので、次項で解説していきます。

交通事故の慰謝料相場は3つの算出基準によって違う

交通事故の慰謝料には以下の3つの算出基準があります。

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士基準

どの基準を適用するかで慰謝料の金額は大きく変わりますので、以下を読んで比べてみてください。

【自賠責基準の慰謝料】

自賠責基準とは、交通事故によって負傷した被害者に対し、法令で決められた最低限の補償を行うことを目的とする基準のことです。

自賠責基準の慰謝料計算方法は以下になります。

A.全入通院期間(入通院初日〜入通院最終日までの日数)

B.実際に入通院した日数を2倍にした値

※慰謝料=ABを比べて、値が低いほうに4.200円をかけて算出

たとえば、入院1ヶ月、通院期間2ヶ月で、そのうち実際に病院に通ったのが10日間だった人の慰謝料を計算してみると……

A.入院期間30日+通院期間60日=90
B.(入院日数30日+通院日数10日)×2倍=80

となり、Bの低い値をとって、80×4.200円=336千円が入通院慰謝料になります。

【任意保険基準の慰謝料】

任意保険基準とは、自動車保険会社が交通事故によって負傷した被害者に対し独自に設けている基準です。

任意保険基準は保険会社によって算出方法が異なるため、正式な参考データはご紹介できませんが、一般に、自賠責基準と同等、または少し多めの金額が設定されています。

【弁護士基準の慰謝料】

弁護士基準とは、裁判所における判例などを参考にした基準のことです。自賠責基準や任意保険基準よりも高額な慰謝料が設定される可能性が高い基準です。

たとえば、てんかんの後遺障害慰謝料の相場を自賠責基準と弁護士基準で比べると以下の表のようになります。

等級

52

74

910

1213

自賠責基準

599万円

409万円

245万円

93万円

弁護士基準

1400万円

1000万円

690万円

290万円

ご覧のように、2倍以上もの金額の開きがあります。

これを見れば誰だって弁護士基準で請求したいですよね。

弁護士基準での支払いを望むのであれば、弁護士を代理人とする必要があります。

交通事故によって患ったてんかんは、事故との因果関係の証明を含めて等級認定が非常に煩雑であるため、保険金問題の訴訟(裁判)にまでもつれこむ事が多くあります。

適正な後遺障害等級認定を受け、相応の慰謝料を受け取るために、専門的な知識のある弁護士に相談するのがおすすめです。

まとめ

研究

■交通事故が原因で患う外傷性てんかんの症状

  • 非常に短い時間の意識消失を起こす発作を繰り返す(欠神発作)
  • 痙攣発作を起こす(間代発作)
  • 手足が突っ張り身体が硬直する発作が起きる(強直発作)
  • 全身や手足が一瞬びくっとする発作を繰り返す(ミオクロニー発作)
  • 特殊な行動を取る、感覚や感情が変化するなど様々な症状が現れる発作を起こす(複雑部分発作) 

■交通事故が原因で患う外傷性てんかんの診断基準

  • てんかんであること
  • てんかん発作が脳の外傷を原因とするものであること

■交通事故が原因のてんかんの慰謝料請求には「後遺障害等級認定」が必要

後遺障害等級認定を受けるためには、交通事故によって外傷性てんかんになったとする医師の診断結果が不可欠である。

■てんかんの等級認定の基準

外傷性てんかんが後遺障害として認定される主な等級は大きく分けて4つある。

  • 5級2号
  • 7級4号
  • 9級10号
  • 12級13号

■交通事故でてんかんを患った人が請求できる慰謝料は2種類ある

  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料

■交通事故の慰謝料相場は3つの算出基準によって違う

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士基準

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分