損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

過失割合とは?
適切な過失割合で損のない示談に

弁護士

「保険会社から過失割合の話をされたけど、過失割合ってなに?」
「損害賠償や慰謝料を有利な条件でもらいたい」

交通事故は基本的に、加害者、被害者の両者とも落ち度があるとされています。

この落ち度は、損害賠償や慰謝料など、交通事故のあらゆる損害金額を算出するときにとても重要な基準となります。

あなたの落ち度を少しでも軽減することで、貰える示談金が増額するかもしれません。

しかし、加害者側の保険会社も、加害者の落ち度を減らして示談金を減らそうと目論んでいます。

なので、こちらも知識をつけて交渉に臨み、あなたに有利な過失割合で示談を成立させたいところです。

この記事では、過失割合とは何か、過失割合の例、過失割合の交渉で大切なことをお話します。

交通事故の過失割合とは

交通事故の加害者と被害者、両者の責任を割合で表したものが過失割合です。治療費や車などの修理代など、交通事故の被害で生まれたあらゆる損害は過失割合を元に金額を計算します。

過失の相殺とは

過失の相殺とは、被害者にも過失があった場合、被害者の過失分を被害総額から引くことです。

交通事故では、大抵の場合は加害者と被害者の両者に落ち度があるとされています。どちらか片一方が100%悪いといった交通事故は稀です。

過失の相殺の例

交通事故であなたが受けた被害総額 200万円の場合

≪加害者 9:1 あなた≫

200万円×(1-0.1)=180万円

被害総額から、あなたの過失割合1の20万円を引いた、180万円が加害者の負担分なります。

過失割合は保険会社が決める?

過失割合は加害者側の保険会社とあなた、もしくはあなたの代理人が話し合って決定します。

そこで、まずは加害者側の保険会社は今回の交通事故と過去の事故判例などを照らし合わせ、事務的に過失割合を決めて提示してきます。

しかし、ここで出された過失割合を完全に鵜呑みにしてしまうと大きな損を被ってしまう可能性があるので、注意しましょう。

保険会社から提案された過失割合が本当に妥当かどうか、一旦弁護士に相談するのがおすすめです。

交通事故の過失割合の例

過失割合がどのように算出されるのか、いくつか例をご紹介します。

過失割合が10:0

基本的には加害者、被害者のどちらも落ち度があるとされることが多いのですが、以下のように明らかに加害者のみに落ち度がある場合があります。

  • あなたが車を運転していて、青信号になったので車を発進させたら、赤信号を無視して進行してか車と衝突した
  • あなたが自転車に乗っていて、青信号を渡っていたら、自動車の信号は赤なのに車が突進してきた
  • あなたが歩行者として青信号を渡っていたら、自動車の信号は赤なのに車が突進してきた
  • あなたが信号が無い横断歩道を歩いていたら、自動車の信号は赤なのに車が突進してきた

過失割合8:2、9:1

過失割合が 加害者 8:2 被害者 や 加害者 9:1 被害者 を一見すると、あなたの過失割合がおおいので満足してしまうかもしれません。

しかし、金額に直すと実は大きな損をしていることに気が付きます。

過失割合 加害者 9:1 被害者の例

以下は、交通事故の被害者であるあなたが1000万円を請求希望した場合の例です。

過失割合は 加害者 9:1 あなた とします。

加害者

  • 過失割合:9
  • 損害額:100万円
  • 請求可能金額:100万円×(1-0.9)=10万円
  •  受け取れる金額:0万円

あなた

  • 過失割合:1
  • 損害額:1000万円
  • 請求可能金額:1000万円×(1-0.1)=900万円
  • 受け取れる金額:900万円-10万円=890万円

あなたは本来、1000万円を請求できます。

しかし、あなたの過失割合が1なので、本来の請求額1000万円の1割、100万円を引いた900万円が請求額となります。

さらに、加害者はあなたの過失割合1から算出した10万円を請求できるので、あなたの請求額 900万円から、さらに10万円が引かれた890万円となります。

結果、本来請求できるはずだった1000万円から、110万円も引かれてしまうというわけです。

なぜ過失割合8:2、9:1は損してしまうのか

過失の相殺によって、この損失は生まれています。

割合で見ると大した負担では無いように思えますが、金額にすると大きな損失となります。

「方賠」で過失割合 加害者 9:0 あなた

「方賠」が認められれば、あなたの過失割合を0にしてもらえるかもしれません。

「方賠」とは、両者から過失割合の合意が得られない場合に、譲歩せずに過失割合を0にしてもらうという妥協策です。

つまり、加害者 8:0 あなた、加害者 9:0 あなた というように、あなたの過失割合を0にしてもらえるのです。

過失割合 加害者 9:0 あなた の例

加害者

  • 過失割合:9
  • 損害額:100万円
  • 請求可能金額:100万円×=0万円
  • 受け取れる金額:0万円

あなた

  • 過失割合:0
  • 損害額:1000万円
  • 請求可能金額:1000万円×(1-0.1)=900万円
  • 受け取れる金額:900万円-0円=900万円

示談が長引くよりも支払い金額が多少増額する方がマシ、相手がそう思ってくれたら出来る方法です。

過失割合6:4

過失割合6:4は、被害者であるあなたにもそれなりに落ち度があるという判断になります。

過失割合 加害者 6:4 あなたの例

以下は、被害者であるあなたが1000万円を請求希望した場合の例です。

加害者

  • 過失割合:6
  • 損害額:400万円
  • 請求可能金額:400万円×(1-0.6)=160万円
  • 受け取れる金額:0万円

あなた

  • 過失割合:4
  • 損害額:1000万円
  • 請求可能金額:1000万円×(1-0.4)=600万円
  • 受け取れる金額:600万円-160万円=440万円

あなたの過失割合が増えるほど、加害者に支払う金額は増えてしまいます。

過失割合を1割下げるだけでも金額は大きく変わるので、交渉が重要です。

例えば、交渉を弁護士に依頼するのは大変有効です。

適切な交通事故の過失割合にしてもらうためにするべきこと

加害者側の保険会社が提示してくる過失割合が、必ずしも適切とは限りません。ここでは、適切な過失割合にするためにあなたができることをご紹介します。

写真を残しておく

例えば、交通事故の被害で付いてしまったあなたの車のキズやへこみなども過失割合を決定をするときの証拠になります。

そこで、被害状況を写真として記録することを強くおすすめします。

この写真は過失割合の決定をするときにも役立ちますが、弁護士に交渉の依頼をする場合も、状況がよくわかる資料として役立ちます。

保険会社に言われるがままに合意しない

加害者側の保険会社が提示してきた過失割合に少しでも疑問があったり納得がいかない場合は、合意しないようにしましょう。

あとで納得がいかなくなっても訂正できないため、少しでも違和感を感じたら弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故は事故ごとに状況が違うので、保険会社の見解はあくまで参考

加害者側の保険会社のなかには、実況見分や現場の状況も多少は踏まえますが、基本的には過去の事例を参考に過失割合を決める人もいます。

しかし、本来は交通事故ごとに過失割合を決めるべきであって、あなたが被害を受けた交通事故も事実に基づいて過失割合を算出されるべきです。

駐車場の事故の過失割合は5:5という話を鵜呑みにしない

駐車場での交通事故の過失割合は、加害者 5:5 被害者 となる、との見解がありますが、そうとは限りません。

駐車場での交通事故も道路などの事故と同じように、それぞれの事故の状況と過去の事故の事例を参考に過失割合を決めます。

弁護士に依頼する

適正な過失割合を決めるために、交通事故調査会社や弁護士といった第三者への調査を依頼するという方法も有効です。

特に、弁護士に依頼すると調査以外にも手続きや書類作成のサポートも行ってくれるのでおすすめです。

まとめ

研究
  • 過失割合とは、交通事故の加害者と被害者、両者の責任を割合で表したもの
  • 過失の相殺とは、被害者にも過失があった場合、被害者の過失分を被害総額から引くこと
  • 過失割合は加害者側の保険会社とあなた、もしくはあなたの代理人で決める
  • 過失割合が8:2、9:1は金額にすると損失が大きい
  • 方賠とは、譲歩せずに過失割合を0にしてもらうという妥協策
  • 事故の証拠を写真に撮っておくと、過失割合の交渉で役に立つ証拠となる
  • 保険会社が提示する過失割合を言われるがままに受け入れない方が良い
  • 弁護士に依頼すると、調査以外にも手続きや書類作成のサポートも行ってくれるのおすすめ

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分