損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

当て逃げされた・・・適切な対応は?

弁護士

「当て逃げされてしまった!まず何をすれば…?」
「駐車場で当て逃げされたんだけどどうすればいい?」

この記事をご覧のあなたは、当て逃げされてこんな風に途方に暮れているのではないでしょうか。

当て逃げをされてしまった際には、早めに正しい対処法を取らなければ泣き寝入りすることになってしまいます。

困ってしまって長時間放置するなんてもってのほか!

迅速にできるだけの証拠をおさえて、警察や保険会社などに相談するようにしなければなりません。

そこでこの記事では、「見ている前で当て逃げをされてしまったケース」と、「知らないうちに当て逃げされたケース」に分けて、あなたの取るべき対処方法をご紹介します。

また、当て逃げされたときの慰謝料請求や、当て逃げされたことに後日気づいたときの対処法についても解説しますので参考にして頂けたらと思います。

自分の見ている前で当て逃げされたとき取るべき行動

もしあなたが、車の運転中や駐車した車に乗っている状態で当て逃げをされてしまったとしたら、取るべき行動として以下の3つが挙げられます。

  • 警察に報告する
  • 加害者の情報を控える
  • 自分の保険会社に連絡する

ひとつずつ具体的に解説していきましょう。

警察に報告する

当て逃げされたら、車の損傷の程度等に関わらず、警察に報告して「事故証明書」を作成して貰います。

「事故証明書」がなければ、当て逃げされたことの証明が出来ず、保険会社が保険金を支払わない可能性があります。

その場合は修理代金がすべて自分の負担になってしまいます。

当て逃げされてしまったら、まずは警察に報告するようにしましょう。

加害者の情報を控える

自分の車が当て逃げされるのを目撃した場合は、相手の車の車体ナンバーを書き留めておきます。そこまでの余裕がない場合は、車種や色など車の特徴だけでも覚えて控えるようにしてください。

逃亡した加害者を見つける大きな手がかりとなりますので、加害者の情報はできるだけ控えるようにしましょう。

スマートフォンのカメラで写真を撮ったり、ドライブレコーダーを活用するのもおすすめです。

自分の保険会社に連絡する

当て逃げされたら、自分の保険会社に連絡しましょう。

加害者が見つからない場合は、自分の車両保険を使用することになります。契約の内容によっては車両保険が使えないケースもありますが、任意保険内で受けられる補償を紹介してもらえる可能性があります。

さらに、多くの事故に携わってきた経験から、その時にすべき対処法を教えてもらうことが出来ますので、まずは保険会社に確認するようにしてください。

知らないうちに当て逃げされたとき取るべき行動

もしあなたが、知らないうちに駐車場などで当て逃げされてしまったとしたら、まず取るべき行動として以下の2つが挙げられます。

  • 当て逃げの情報を集める
  • 任意保険に加入している場合は車両保険を確認する

それぞれ具体的に解説していきます。

当て逃げの情報を集める

当て逃げにあって加害者が誰か全くわからない場合、目撃者がいないか周辺の状況を調べて情報を集めるようにしてください。

駐車中に当て逃げされた場合、コンビニエンスストアやショッピングセンターの駐車場であれば防犯カメラに録画されている可能性があるので、施設等の管理者に問い合わせてみるとよいでしょう。

映像が残っていればそれを証拠として、警察に被害を報告することが出来ます。

任意保険に加入している場合は車両保険を確認する

知らないうちに当て逃げにあって加害者が特定できない場合、自身の車両保険を使用することになりますので、任意保険の補償内容をチェックしてください。

車両保険に加入していれば、車の修理費用を保険でまかなえる場合があります。

保険に加入する際の金額設定やオプションの設定によって補償内容は変わってきますので、まずは現在の保険の契約について確認するようにしましょう。

ここもチェック!【警察は真剣に捜査してくれる?】

当て逃げの検挙率は公表されていませんが、警察は重大事件ほど力を入れて捜査する傾向があるのは事実です。

たとえば轢き逃げ事故の検挙率をみると、平成30年度の犯罪白書によると、轢き逃げ事故全体の検挙率は58%程度になります。しかしながら、死亡事故に限ると100%の検挙率となり、重傷事故では74%です。つまり、軽傷の事故に限ると検挙率は58%を下回るということになります。

ケガを負わない場合の多い当て逃げ事故では、検挙率は残念ながら高いとはいえないでしょう。

ただ、証拠や資料がしっかり残っている情報の多い当て逃げ事故であれば、警察も積極的に動いてくれる可能性が高まります。いざというとき警察に動いてもらうためにも、普段から可視カメラやドライブレコーダーなど証拠を残せるような車両環境を整えておきましょう。

当て逃げされた時の慰謝料請求

当て逃げは物損事故です。物損事故では原則として慰謝料は認められません。

過去の裁判例で物損事故による慰謝料が認められたのは、ペット、墓石、自宅建物など被害者の思い入れが非常に強いと考えられる物を損壊した場合のみとなっています。

従って、車両が損壊した当て逃げ事故では慰謝料の請求は基本的に認められません。

当て逃げされた際に加害者に請求できる賠償金は、以下のようになります。

  • 車の修理費用(全壊した場合は買換費用)
  • 代車費用
  • 休車損害
  • 道路上の施設や建物が損壊した場合の修理費用
  • 自動車の積荷が壊れた場合の積荷損害
  • 当て逃げによって車の価値が下がったときの評価損

ここもチェック!【加害者がみつからなかったら?】

加害者が見つからなかった場合は自分の車両保険を利用するしかありません。

但し、車両保険を使うと車の修理費はまかなえますが、翌年度の保険等級が3段階下がってしまうケースもあるので保険会社に確認した方がいいでしょう。

また、車両保険には数万円の免責金額が設けられていて、その金額を超える損害でないと補填されないといったケースも少なくありません。

これらのデメリットを考えると、あえて保険を利用しない方が良いケースも多いので、車両保険の利用については保険会社に確認の上、しっかり検討するようにしてください。

当て逃げされたことを後日知った場合の対処法

“当て逃げされたことに当初気づいておらず後になって気づいた“ という場合は、気づいた時点で警察に届け出をして、保険会社にも報告するようにしてください。

但し、後日報告をする場合には、直後に報告する時よりもしっかりした証拠や資料を要求されます。

時間が経っているので、どこで当てられたかもわからない等といった曖昧過ぎる状態では警察は被害届を受理してくれない可能性があります。

当て逃げされた時に弁護士に相談するメリット

当て逃げされて加害者が判明している場合で、ケガを負ってしまった事故であれば、弁護士に相談するメリットがあるといえます。

加害者に慰謝料を含めた多額の損害賠償請求をすることができるからです。

弁護士に依頼すれば資料も集めやすくなりますし、示談交渉も任せることが出来て安心です。

まとめ

研究

■自分の見ている前で当て逃げされたとき取るべき行動
・警察に報告する
・加害者の情報を控える
・自分の保険会社に連絡する

■知らないうちに当て逃げされたとき取るべき行動
・当て逃げの情報を集める
・任意保険に加入している場合は車両保険を確認する

■当て逃げは物損事故なので原則として慰謝料は認められない

■当て逃げされたことに後日気づいた場合は、その時点で警察に届け出をして、保険会社にも報告する

■当て逃げされて加害者が判明している場合で、ケガを負ってしまった事故であれば、弁護士に相談するメリットがある

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分