損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故の慰謝料を増額させるためのポイント

弁護士

「慰謝料ってどれぐらいの金額が妥当なんだろう」
「慰謝料を請求するなら出来る限り高額で請求したい」

交通事故の慰謝料とは、交通事故で受けた精神的な苦痛に対して支払われるお金のことです。

精神的な苦痛に対して支払われる金額と聞くと、本当に妥当な金額を貰えるのか、一体何を基準に決めているのか、疑わしい気持ちになる人もいるかと思います。

そこで、自分の慰謝料の目安を知るために、この記事では、慰謝料の計算方法をご紹介します。

さらに、あなたの慰謝料の大体の目安の他に、慰謝料を増額させるのポイントも一緒にご紹介します。 

交通事故の慰謝料を増額するための3つのポイント

交通事故の慰謝料をなるべく高額で請求するためには、以下のような3つのポイントが重要です。

  • 保険会社が有利な状況を作らない
  • すべての慰謝料を弁護士基準でもらう
  • 後遺障害が残った場合は、正当な後遺障害等級を認定してもらう

誰でもできるちょっとしたポイントを守るだけで大きな金額が左右することもあるので、ぜひ心掛けてみましょう。

1.保険会社が有利な状況を作らない

慰謝料を増額するためのポイントして、そもそも自分を不利な状況にしないことが鉄則です。

示談交渉をするにあたり、焦りや確認不足は、自分を有利な状況どころか不利な状況に招きかねません。

そこで、まずは以下の2点を心掛けましょう。

▲症状固定してから示談交渉に入る

固定症状とは、これ以上治療を続けてもこれ以上の改善が見込めないと判断し、治療を終了することをいいます。

一度症状固定をしてしまったら訂正ができず、その後別の症状が出たり後遺障害が残ったことが分かっても、症状固定をした時点での症状があなたの症状と判断されてしまうため、加害者側の保険会社から認めてもらえない可能性があります。

そこを期待して、加害者側の保険会社は、まだ治療中でも症状固定を急かしてきます。

しかし、この急かしには応じないよう心がけましょう。

▲示談交渉は慎重に進める

加害者側面からの急かしや、示談交渉を早く終わらせて身辺をスッキリさせたいという焦りから、示談交渉に対して慎重さが欠けてしまうと、あなたに不利な状況を招きかねません。

例えば、以下のような点を慎重にチェックするよう心がけましょう。

  • 治療が終了して症状固定をする
  • 示談交渉に必要な様々な書類、記入内容の確認
  • 加害者への請求金額が妥当かを確認

書類の不備、記入内容、請求金額の判断については、専門的な知識が必要な点が多く、自分だけでは判断に悩むところも多々あるかと思いますので、弁護士に相談するのがおすすめです。

2.すべての慰謝料を弁護士基準でもらう

慰謝料には以下の3つの基準があります。

慰謝料を高額で請求するためには、3つの基準のうち、弁護士基準で請求しましょう。

▲弁護士基準

弁護士基準は3つの慰謝料の基準で最も高額です。

これまでの交通事故の判例を参考に慰謝料を算出しますが、仮にあなたが弁護士基準の慰謝料の算出方法や過去の判例を知っていても、一般の人の主張はなかなか通りません。

そこで、弁護士基準で請求するには、弁護士に依頼をするのが最もおすすめです。

▲任意保険基準

自動車を運転する人が自賠責保険とは別に、任意で入る保険で、自賠責保険だけではまかないきれない慰謝料を支払ってくれます。

任意保険基準は各保険会社が内部で設定していて各会社で金額が異なりますが、目安として、基本的に自賠責基準よりも高額です。

▲自賠責基準

自動車を運転する人は必ず自賠責保険に加入しなくてはなりません。

法令で決められた最低限の慰謝料が支払われます。

3.後遺障害が残った場合は正当な後遺障害等級に認定してもらう

あなたに行為障害が残ってしまったら、後遺障害等級の認定によって慰謝料に大きな差が生まれます。

特に、重い後遺障害が残ってしまった場合は、ここで貰う慰謝料が今後の生活の大きく影響するため、なるべく多くの慰謝料を請求したいところです。

そのためにも、以下の点を気を付けて、慎重に手続きを進めましょう。

  • 症状固定してから後遺障害診断書を書いてもらう
  • 書類を揃え正確な内容を記入する準備する

▲症状固定してから後遺障害診断書を書いてもらう

後遺障害等級を正当に認定してもらうためには、あなたの後遺障害を正確に記録してもらう必要があります。

そのため、以下の2点に注意する必要があります。

  • 症状治療が完了するまで示談交渉をしない
  • 医師と相談して、正確な後遺障害診断書を書いてもらう

▲書類を揃え正確な内容を記入する準備する

後遺障害の認定は、書類のみで行われます。

必要な書類は以下の5点となります。

  • 自賠責保険支払請求書兼支払指図書
  • 交通事故証明書
  • 事故発生状況確認書
  • 診療報酬明細書及び診断書
  • 後遺障害診断書

書類のみで審査されるからこそ、正当な後遺障害に認定してもらうために書類に不備や誤りがないよう、正確に記入することが大切です。

あなただけで書類を作成するのが不安な場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

自分で慰謝料を計算して正しい慰謝料の目安を知る

慰謝料を自分で算出して、大体の目安を自分で把握しておくことは、慰謝料を増額させる上で大切なことです。

まず、交通事故の慰謝料には以下のものがあります。

  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料
  • 死亡慰謝料

それぞれの慰謝料は自賠責基準と弁護士基準で算出方法が異なります。

以下にて、各慰謝料をどうやって算出するのかまとめました。

なお、任意保険だけは各保険会社によって基準が異なるため、省略いたします。

交通事故の入通院慰謝料の算出方法

入通院慰謝料は日数によって金額が変わり、細々とした計算が必要になりますが、最も身近な慰謝料なので、ぜひ覚えておきましょう。

▲自賠責基準

自賠責基準では、1日分の慰謝料の最低金額は4200円とされています。

以下の2つの式で計算して、より金額が少ない方を慰謝料として採用します。

  • 入通院慰謝料 = 1日分の慰謝料 4200円 × 病院に通っていた期間
  • 入通院慰謝料 = 1日分の慰謝料 4200円 × 実際に通院した日数 × 2

例:10日間の通院期間で、通院した日数は7日間の場合

  • 1日分の慰謝料 4200円 × 病院に通っていた期間 10日間 = 42000円
  • 1日分の慰謝料 4200円 × 実際に病院に通った日数 7日間 × 2 = 58800円

この場合、請求する慰謝料は42000円となります。

▲弁護士基準

「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」に記載されている料金表を参考に、請求金額を算出します。

例:通常の入通院慰謝料(3ヶ月)

通院の場合

  • 1ヶ月 28万円
  • 2ヶ月 52万円
  • 3ヶ月 73万円

入院の場合

  • 1ヶ月 53万円
  • 2ヶ月 101万円
  • 3ヶ月 145万円

交通事故の後遺障害慰謝料の算出方法

後遺障害等級は、障害の重さに応じて14~1の等級に分けられ、等級の数字が小さいほど重い障害として慰謝料の相場金額が高く設定されています。

▲14級

  • 自賠責保険基準 32万円
  • 任意保険基準 45万円
  • 弁護士基準 110万円

▲13級

  • 自賠責保険基準 57万円
  • 任意保険基準 65万円
  • 弁護士基準 180万円

▲12級

  • 自賠責保険基準 93万円
  • 任意保険基準 150万円
  • 弁護士基準 290万円

▲11級

  • 自賠責保険基準 135万円
  • 任意保険基準 200万円
  • 弁護士基準 420万円

▲10級

  • 自賠責保険基準 187万円
  • 任意保険基準 200万円
  • 弁護士基準 550万円

▲9級

  • 自賠責保険基準 245万円
  • 任意保険基準 300万円
  • 弁護士基準 690万円

▲8級

  • 自賠責保険基準 324万円
  • 任意保険基準 450万円
  • 弁護士基準 830万円

▲7級

  • 自賠責保険基準 409万円
  • 任意保険基準 500万円
  • 弁護士基準 1000万円

▲6級

  • 自賠責保険基準 498万円
  • 任意保険基準 650万円
  • 弁護士基準 1180万円

▲5級

  • 自賠責保険基準 599万円
  • 任意保険基準 750万円
  • 弁護士基準 1400万円

▲4級

  • 自賠責保険基準 712万円
  • 任意保険基準 850万円
  • 弁護士基準 1670万円

▲3級

  • 自賠責保険基準 829万円
  • 任意保険基準 1100万円
  • 弁護士基準 1990万円

▲2級 

  • 自賠責保険基準 958万円
  • 任意保険基準 1300万円
  • 弁護士基準 2370万円

▲1級

  • 自賠責保険基準 1100万円
  • 任意保険基準 1600万円
  • 弁護士基準 2800万円

交通事故の死亡事故の慰謝料の算出方法

死亡事故の慰謝料は遺族への慰謝料も含まれるため、死亡した本人 + 遺族への慰謝料の合計を算出します。

また、死亡した人に対する慰謝料について、特にはっきりとした基準がある訳ではありませんが、家族内でどんな役割だったかによって慰謝料が上下する傾向があります。

▲自賠責基準

自賠責基準では、事故の内容に関わらず、金額が決められています。

  • 死者本人への慰謝料 350万円
  • 遺族への慰謝料 1人 550万円
  • 遺族 2人への慰謝料 650万円
  • 遺族 3人への慰謝料 750万円

被害者が家族を扶養している立場だった場合は、以下のように増額します。

  • 被害者の扶養家族 1人 750万円
  • 被害者の扶養家族 2人 850万円
  • 被害者の扶養家族 3人 950万円

▲弁護士基準

弁護士基準と任意保険基準では、家族内での被害者の立場や役割によって、金額が変わります。

  • 大黒柱 2800 ~ 3600万円
  • 配偶者 2000 ~ 3200万円
  • 独身者 2000 ~ 3000万円
  • 子どもや高齢者 1800 ~ 2600万円

まとめ

研究
  • 保険会社が有利な状況を作らないために、症状固定してから示談交渉に入り、交渉は慎重に進める
  • 慰謝料は弁護士に依頼して、最も高額な弁護士基準で請求する
  • 後遺障害が残った場合は、後遺障害等級に認定してもらう
  • 後遺障害等級の手続きは、症状固定が済んでから進め、必要な書類は不備や誤記入がないよう、慎重に作成する
  • 後遺障害等級の手続きの書類の作成が不安な場合、弁護士に依頼する
  • 慰謝料の目安を知るために、自分でも計算してみる

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分