損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

無過失責任とはどんな状態?

弁護士

「相手が悪い事故なのに、なんでこちらが損害賠償を支払わないといけないの」
「交通事故には、自分は何もしてないのに損害賠償を払わないといけない場合があるの?」

交通事故は基本的には加害者と被害者がいて起こるもので、両者が悪い場合もあれば、加害者のみが明らかに悪い場合もあります。

交通事故の損害賠償の責任は両者で話し合って割り振るのですが、場合によっては加害者のみが100%悪いので全ての損害賠償を負うケースも有り得ます。

交通事故の加害者が損害賠償を多く負担するのは納得できますが、実は、場合によっては被害者なのに損害賠償の大半を負担しなくてはいけない場合もあります。

この記事では、交通事故の被害者なのに損害賠償を多く支払わなくてはいけないことも有り得る、「無過失責任」についてお話しします。

交通事故の過失責任主義と無過失責任

交通事故において、日本では基本的には「過失責任主義」という考え方をとっています。

過失責任主義とは、意図的、もしくは不注意で交通事故を起こしてしまった場合、損害賠償の責任を負うという考え方です。

しかし、場合によっては「無過失責任」という、過失責任主義とは逆の考え方が採用される場合もあります。

交通事故の無過失責任とは?

無過失責任とは、交通事故で相手を怪我させたり、物を壊してしまった場合、加害者は意図的か不注意かに関わらず、損害賠償の責任を負うことをいいます。

交通事故の過失に対する考え方が違う理由

なぜ、同じ交通事故でも過失に対する考え方が変わる場合があるのかというと、民法と自動車損害賠償保障法で「不法行為」に対する考え方が違うためです。

不法行為とは、他人の権利や利益を違法に侵害することをいい、交通事故もこれにあたります。

民法と自動車損害賠償保障法の特徴を、噛み砕いて以下にまとめました。

▲民法第709条

こちらは、上記でご説明した過失責任主義の考え方となります。

民法第709条では、交通事故で、意図的、または不注意によって他人の権利や利益を侵害してしまったら、損害賠償の責任を負う、という旨が定められています。

「意図的、または不注意」という箇所がポイントで、逆にしっかりと注意を払った上での交通事故だったら損害賠償の責任を負わなくても良い可能性があるということです。

▲自動車損害賠償保障法 第3条

一方、こちらは上記でご説明した無過失責任の考え方です。

自動車損害賠償保障法第3条では、運転者が交通事故で他人を怪我させてしまった場合、損害賠償の責任を負わなくてはならないが、運転者が注意をしっかりと払い、交通事故の当事者以外の第三者に過失があったり、自動車に欠陥や故障が無かったことを証明できれば、損害賠償の責任を免れられる可能性があるとされています。

民法第709条と違い、こちらでは「意図的、または不注意で」という文言がありません。

▲過失責任の民法、無過失責任の自動車損害賠償保障法第3条

民法第709条では、「意図的、または不注意で」自動車で交通事故を起こした人が損害賠償責任を負うのに対して、自動車損害賠償保障法第3条には「意図的、不注意」を限定する文言がなく、つまりは運転者が交通事故を起こしたら、どんな場合でも損害賠償の責任を負う、と捉えることもできるのです。

しかし、自動車損害賠償保障法第3条の文言の後半に注目してください。

  • 運転者が注意を払っていたこと
  • 第三者からの過失
  • 自動車の欠陥や故障が無かったこと

この3点を証明できれば、損害賠償の責任を免れられる可能性があるのです。

つまりは、無過失責任の考え方でも、不具合が一切無い自動車で安全運転をしていて、自分以外の原因で交通事故が起きたことを証明できれば、損害賠償の責任を負わなくても良い可能性があるということです。

▲無過失責任の実例

2012年に、男子大学生が運転する自動車が居眠りによってセンターラインを超えてしまい、男性が運転する自動車と正面衝突した交通事故で、男子大学生の同乗者が死亡してしまという交通事故が起こりました。

この事故では、居眠り運転の車に衝突された男性の無過失を証明できないとして、本来は被害者であるはずの衝突された男性が4000万円の賠償を負う義務がある、との判決が下りました。

無過失責任を逃れるためできること

上記でご紹介した実例のように、本来はあなたが被害者だったとしても損害賠償の責任を負う可能性もあります。

理不尽な責任を負うことにならないためにも、万が一に備えて、日頃から常に自分を守れる準備をしておくことが大切です。

無過失責任を逃れることにおいては、特に証明できるものを集めることが有効です。

以下に4つ無過失を証明するためにできることをまとめました。

1.しっかりと注意を払えていることを証明する

自分が注意を払っていた証拠を示すのではなく、客観的に見て法律を守って安全に運転していたことを証明することが重要です。

  • 法定速度を守っていた
  • 車線をはみ出していなかった
  • 居眠りをしていなかった
  • 信号を守っていた

これらを示すためには、事故の目撃者からの証言や実況見聞調書が有効です。

▲実況見分調書とは

人身事故の場合のみ作成してもらえる書類なので、怪我をした場合は人身事故として警察に届け出ましょう。

現場検証をした際の、交通事故現場の見取り図や写真など、交通事故現場の状況がまとめられた書類です。

あらかじめ予約をすれば、検察庁で閲覧、コピーすることができます。

基本的には交通事故証明書と身分証明書が必要なので、忘れずに持っていきましょう。

2.加害者に故意、過失があったことを証明する

加害者の不注意や法律違反を証明することも重要です。

  • 法定速度を超えていた
  • 車線をはみ出していた
  • 居眠りをしていた
  • 信号無視をしていた

上記のような不注意や法律違反を証明する方法も、目撃者の証言が有効です。

さらに、道路に残るタイヤ痕なども、大変有効な証明です。

3.自動車に欠陥、故障がないことを証明する

あなたが運転する自動車に欠陥や故障がないことを証明するには、しっかりと定期点検を受け、整備がされた自動車であることを証明するのが有効です。

法定点検は道路運送車両第48条にて規定されている義務ですが、受けなくても罰則規定はありません。

だからこそ、しっかりと定期点検を持つすることが重要です。

また、車検と定期点検は違うものなので、注意しましょう。

4.ドライブレコーダーで記録する

ドライブレコーダーを車に設置して、映像として事故を記録しておくことは大変有効な証明方法です。

あなたの運転の様子や前方の様子が交通事故の模様がそのまま証拠として残せるので、ドライブレコーダーを設置して、日頃から運転を記録しておくことをおすすめします。

まとめ

研究
  • 過失責任主義とは、意図的、もしくは不注意で交通事故を起こしてしまった場合、損害賠償の責任を負うという考え方
  • 無過失責任とは、交通事故で相手を怪我させたり、物を壊してしまった場合、加害者は意図的か不注意かに関わらず、損害賠償の責任を負うこと
  • 民法第709条では、しっかりと注意を払った上での交通事故だったら損害賠償の責任を負わなくても良い可能性がある
  • 自動車損害賠償保障法第3条では、自分が注意を払っていたこと、相手が故意的、不注意だったこと、自動車に欠陥がないことを証明できれば、損害賠償の責任を逃れる可能性がある
  • 交通事故の証明方法として、目撃証言や実況見分調書、自動車の定期点検、ドライブレコーダーが有効

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分