損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故での治療費はいくらぐらい請求できるの?

弁護士

「むちうちの治療中なんだけど、最終的にはいくらもらえるの?」
「交通事故の治療費って全額出してもらえるの?」

交通事故に遭ったら、やはり治療費が心配ですよね。

怪我や障害は人によって症状も状況も様々なので、自ずと治療費も交通事故ごとに様々です。

しかし、ケースバイケースとは言えど、治療費も含めて損害賠償が本当に正しいのか心配になるでしょう。

実は、治療費や損害賠償など、交通事故で加害者側に請求できる金額には、細かな基準があるのです。

この記事では、治療費などを含めた損害賠償をどれぐらい請求できるのか、その判断基準についてお話します。

治療費は交通事故の損害賠償のうちの一部

損害賠償とは、被害者の治療にかかった費用など交通事故が原因で生じる損害を、交通事故の加害者が金銭で償うことです。

治療費の他に、通院にかかる交通費や事故が無かったら得ていたであろう利益なども損害賠償に含まれます。

治療費は、損害賠償の中の「積極損害」に含まれる

損害賠償には「積極損害」「消極損害」という2種類があり、治療費は「積極損害」の方に含まれます。

「積極損害」は、交通事故の被害が原因で被害者が負担しなくてはいけなくなった費用です。

治療費

被害者の治療にかかる費用です。

この金額を証明するために、診療報酬明細書や領収書が必要になります。

しかし、もともと持っていた持病などの治療費は除かれるので注意が必要です。

保険会社は交通事故の治療費をどれぐらい負担してくれるの?

基本的には被害者の治療費は加害者側の保険会社が負担します。

しかし、場合によっては全額の負担とはなりません。

自賠責保険会社の負担額

自賠責保険会社が120万円までの治療費を負担してくれます。

ただし、例えば、ついでの元々悪かった部分も治療したなど、交通事故と関係がない治療は負担されません。

治療費が120万円を超えたらどうなるの?

治療費が120万円を超えたら、自賠責保険で負担できなかった分を加害者が加入するに任意保険会社に請求します。

任意保険会社の一括支払い

任意保険会社にも支払いをしてもらう場合、任意保険会社は自賠責保険の請求額も含め、一旦全ての治療費の対応を請け負う窓口となります。

この対応方法を「一括払い」といい、あなたも保険会社も対応の手間が省けます。

そして、あとで任意保険会社は自賠責保険会社の請求額を請求して、自賠責保険会社が負担分の請求額を支払うというしくみです。

自分に過失がある場合は健康保険を使う

交通事故は、基本的には加害者と被害者の両者に過失があるとされています。

その割合は過失割合として表され、損害賠償請求の基準となります。

過失割合が高い場合は、健康保険を使って治療を受けるのがおすすめです。

全額を加害者が負担する場合は自由診療で問題ないのですが、過失割合があなたにもある場合は、あなた自身も治療費を一部負担する可能性があるということです。

あなたにも過失割合がある場合は、健康保険を使って治療をすると、医療点数の単価が1点につき10円となり、小さな負担で済みます。

自由診療の場合は医療点数の単価が1点で平均で20円なので、あなたも治療費を数割負担しなくてはいけなくなったときに大きな負担となりかねません。

健康保険を使った場合の例(過失割合 加害者 7:3 あなた 治療費 100万円)

(基本的に健康保険は治療費の7割を負担)

以下の例のように、健康保険を使った場合、使わない場合では負担額に大きな差が出ました。

◆健康保険を使った場合

  • 被害者が実際に病院に支払った金額:100万円×(1-0.7)=30万円
  • 被害者が請求できる金額:30万円×0.7=21万円
  • 被害者の負担額:30万円-21万円=9万円

◆健康保険を使っていない場合

  • 被害者が実際に病院に支払った金額:100万円
  • 被害者が請求できる金額:100万円×(1-0.3)=70万円
  • 被害者の負担額:100万円-70万=30万円

<被害者の負担する治療費>

  • 健康保険を使った場合:6万円
  • 健康保険を使っていない場合:30万円

接骨院は病院ではないので、治療費を請求できない

あなたを担当している医師の支持で接骨院に通っている場合、医師が一筆書いてくれたら治療費として請求できます。

しかし、あなたが勝手に接骨院に通った場合、請求できません。

接骨院は病院ではないので請求対象外なのです。

病院で治療費を請求されたら?

病院から治療費を請求されたら、「交通事故の被害者なので、治療費は保険会社に直接請求して欲しい」と伝えると良いでしょう。

まとめ

研究
  • 治療費は加害者に請求する損害賠償の積極損害の一部
  • 自賠責保険会社が120万円までの治療費を負担
  • 治療費が120万円を超えたら、加害者が加入するに任意保険会社に請求
  • 任意保険会社にも支払いをしてもらう場合、任意保険会社は自賠責保険の請求額も含め、一旦全ての治療費の対応を請け負ってくれる
  • 自分にも過失割合がある場合は健康保険を使うのがおすすめ
  • 接骨院は病院ではないので請求対象外
  • 病院から治療費を請求されたら、「交通事故の被害者なので、治療費は保険会社に直接請求して欲しい」と伝える

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分