損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

過失相殺とは何か分かりやすく解説

弁護士

「交通事故の被害に遭ったのに、こちらにも非があることにされた」
「被害者なのに損害賠償が少し引かれた。なんで?」

交通事故で加害者が100%悪いとされるケースは稀です。

例えば、あなたが信号がない優先道路を走行中、優先道路ではない道路から不注意な自動車が直進してきて衝突したとします。

あなたは優先道路を走行していて、相手が不注意に直進してきたので、相手が完全に悪いと思いたいところですが、この状況でも、交通事故のあなたにも少なからず不注意があると判断されます。

あなたにも落ち度があるということは、損害賠償が減ってしまうということです

なぜ、あなたは被害者なのに損害賠償が引かれてしまうのか?

それは「過失相殺」が起こっているためです。

この記事では、「過失相殺」について分かりやすくお話します。

交通事故の過失相殺とは?

過失相殺とは、交通事故の被害者にも過失がある場合、被害者の過失分の金額を被害総額から引くことをいいます。

交通事故の加害者と被害者であるあなたの過失は、9:1、8:2というように割合で表わされ、これを「過失割合」といいます。

過失相殺とは、過失割合を計算することと言えるでしょう。

交通事故の被害者なのに少なからず過失があると判断されるのは納得いかないかもしれませんが、交通事故のジャッジでは被害者にもどこかしら不注意があったと判断されることが大半なのです。

過失相殺は過失割合の分配で起こる

交通事故の加害者と被害者、両者の過失を割合で表したものが過失割合です。

治療費や車の修理代など、交通事故の被害で生まれたあらゆる損害は過失割合を元に金額を計算します。

例えば、9:1の過失割合の場合、あなたには加害者の9割の過失から、あなたの1割の過失を引いた8割分の過失として損害賠償を計算します。

加害者が自動車で赤信号を無視して被害者の車両に突進したなど、よほどのことがない限り、交通事故で加害者が100%悪いという状況にはならないということを念頭に置いておきましょう。

過失割合の計算方法

過失割合の計算方法をまとめましたので、ご覧ください。

被害総額を両者の過失割合に合わせて分配し、加害者の過失分から被害者の過失分を引いた額が損害額となります。

加害者の過失 − 被害者の過失 = 過失相殺された損害額

さらに、過失相殺された損害額から、あなたに与えられた過失分を引きます。

過失相殺された損害額 − あなたの過失分 = 請求金額

過失相殺の例

具体的に過失割合がどのように計算されるのか、いくつか例を見ていきましょう。

▲過失割合が 10:0 の例

過失割合が10:0というのは、以下のような明らかに加害者のみに落ち度がある場合です。

以下のようなケースだと、加害者に全過失があると言えるでしょう。

  • あなたが青信号になったので車を発進させたら、赤信号を無視して進行して加害者の車と衝突した
  • あなたが歩行者として青信号を渡っていたら、赤信号なのに加害者の車が突進してきた

過失割合が10:0の場合、被害損害額はすべて加害者が支払います。

▲過失割合が 8: 2 や 9:1 の例

過失割合が 加害者 8:2 被害者 や 加害者 9:1 被害者 を一見すると、あなたの過失割合が多いので満足してしまうかもしれません。

しかし、金額に直すと実は大きな損をしていることに気が付きます。

以下で9:1の場合の例を見てみましょう。

過失割合 加害者 9:1 被害者の場合

以下は、交通事故の被害者であるあなたが100万円を請求希望した場合の例です。

過失割合は 加害者 9:1 あなた とします。

●加害者
過失割合 9
損害額 10万円
請求可能金額 10万円×(1-0.9)=1万円
受け取れる金額 0万円

●あなた
過失割合 1
損害額 100万円
請求可能金額 100万円×(1-0.1)=90万円
受け取れる金額 90万円-1万円=89万円

この場合の被害総額は100万円ですが、あなたの過失割合が1なので、本来の請求額100万円の1割引いた90万円が請求額となります。

さらに、加害者はあなたの過失割合1の1万円を請求できるので、あなたの請求額 90万円から、さらに1万円が引かれた89万円となります。

結果、11万円も引かれてしまいました。

▲過失割合8:2、9:1がこんなに損してしまうのは、過失相殺のせい

過失相殺によって、この損失は生まれます。

割合で見ると大した負担では無いように思えますが、金額にすると大きな損失となります。

過失割合 6:4 の例

過失割合 6:4 は、加害者と被害者の双方の判断ミスや操作ミスで起きた事故など、両者に五分五分に近い過失がある場合です。

以下は、被害者であるあなたが100万円を請求希望した場合の例です。

●加害者
過失割合 6
損害額 40万円
請求可能金額 40万円×(1-0.6)=16万円
受け取れる金額 0万円

●あなた
過失割合 4
損害額 100万円
請求可能金額 100万円×(1-0.4)=60万円
受け取れる金額 60万円-16万円=44万円

あなたの過失割合が増えほど、加害者に支払う金額は増えてしまいます。

過失割合を1割下げるだけでも金額は大きく変わるので、交渉を弁護士に依頼するなど、慎重なやりとりが重要です。

過失相殺はどうやって決まるのか

過失割合(過失相殺)は、当事者間の話し合いで決まります。

当事者間と言っても、基本的に加害者の保険会社との話し合いになります。

ここで両者がお互いの主張に納得せず、話し合いがもつれてどちらかが訴訟を起こした場合、裁判にて折り合いをつけることとなります。

▲民事訴訟は「弁論主義」

民事訴訟は,一般の人たちが自分の権利や義務についての問題を解決するための手続きです。

訴訟では、お互いの権利や義務について、両者の意思を尊重するべきであるとされています。

自分の意思を的確に伝えるために、主張を裏付ける資料や証拠を集めて提出し、それらを参考に裁判の判決を下します。

この仕組みを「弁論主義」といいます。

「弁論主義」では、裁判所は,両者が主張していないことを参考に判決下すことはできず,両者が申し出ていない証拠を考慮して事実を認めることはできないとされています。

過失相殺はなぜ起こるのか

過失相殺は結果的に、交通事故の被害者の請求に対する加害者からの異議を訴える、といった形となります。

しかし、なぜあなたは被害者なのに、少なからず損害を負担しなくてはいけないのでしょうか?

それは、民法で以下の旨が定められているからです。

分かりづらいので、下記にて噛み砕いてご説明します。

過失相殺は義務?不法行為と債務不履行の見解

民法709条では、不注意で起こしてしまった交通事故で人の権利や利益を侵害してしまった場合、不法行為に対する賠償責任を負う、と規定しています。

この法的責任には交通事故の被害者の救済、保護の役割がありますが、役割はそれだけではありません。

交通事故の加害者と被害者の両者で、不法行為で発生した損害の責任を公平に分担させるという役割もあり、これがまさしく過失相殺です。

過失相殺は,不法行為の賠償責任と債務不履行に対する責任の面で捉え方が異なります。

それぞれの違いを見てみましょう。

▲不法行為

民法722条2項にて,被害者にも過失があった場合,それを考慮して、裁判所が加害者の賠償責任を軽くすることもできる、と定められています。

つまり、文章の末尾が「〜もできる」なので、不法行為の観点からすると、場合によっては裁判所が加害者の賠償責任を軽くして、過失相殺が起こるということも有り得るが、義務ではないということになります。

▲債務不履行

一方、民法418条では、交通事故の被害者にも過失があった場合、裁判所はそれも考慮して損害賠償の責任を決める、といった旨を規定しています。

こちらでは、被害者にも過失がある場合は、それを考慮して損害賠償責任を決めるとし、過失相殺は義務として定められているのです。

▲過失相殺は義務か?義務ではないのか?

どちらかというと、義務ではないという見解の方がやや多いです。

交通事故の損害賠償は,これまでの裁判事例を参考にした基準が定められており,その基準を考慮して過失相殺を判断するのが一般的と言えます。

▲未成年者への過失相殺はどうする?

被害者が未成年者の場合など、法的な責任を負担しないような年齢や状況の人に対しては、

交通事故に対する判断能力や理解力が伴っていれば、過失を軽くすることも可能ではあるとされています。

まとめ

研究
  • 過失相殺は、交通事故の被害者にも過失がある場合、被害者の過失分の金額を被害総額から引くこと
  • 交通事故の加害者と被害者、両者の過失は9:1、8:2のように割合で表され、これを過失割合という
  • 加害者の過失 − 被害者の過失 = 過失相殺された損害額
  • 過失相殺された損害額 − あなたの過失分 = 請求金額
  • 過失割合(過失相殺)は、当事者間の話し合いで決まる
  • 両者の主張に折り合いがつかなかった場合は裁判にて話し合う
  • 過失相殺は義務ではないという見方の方が多い
  • 過失相殺は過去の判例を参考に決める

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分