損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

後遺障害認定に納得いかない場合の方法

弁護士

「一番低い後遺障害に認定された…なんで!?」
「後遺障害等級に納得できない」

後遺障害とは、交通事故が原因で身体が元どおりに完治せず、交通事故前のように不自由なく動けなくなったり、身体に痛みや精神的ショックなどの症状が残った状態となり、後遺障害の重度を表す14級〜1級の等級の条件に当てはまっていることが条件です。

しかし、必ずしも自分が希望する後遺障害等級に認定してもらうわけではありません。

ただ、後遺障害認定で等級を1つ上げるだけでももらえる慰謝料がだいぶ増えるため、ここはなるべく妥協したくないところです。

そこで、この記事では、あなたが希望する後遺障害を勝ち取るために、後遺障害認定に納得がいかないときの対応方法をお話します。

後遺障害認定の結果に納得がいかない場合は「異議申立て」

後遺障害等級次第で、場合によってはこれからの人生に大きく関わる大金が動く可能性があります。

自分が割り振られた後遺障害等級に納得ができず、さらに上の後遺障害を希望する場合、こ後遺障害等級の「異議申立て」をすることができます。

以下で異議申立てのご説明をしていきます。

保険会社に異議申立て

まず、異議申立てをするにあたり、手続きの方法は2種類あります。

  • 被害者請求
  • 事前認定

 

▲被害者請求

あなた自身で審査に必要な書類を作らなくてはなりませんが、そのかわり、医師に自分の症状をしっかりと伝えることができる、弁護士に書類のチェックを依頼できるといったメリットがあります。

異議申立ては何度でもできますが、毎回以下のような資料を添付しなくてはなりません。

  • 医師の意見書
  • 画像
  • 診断書
  • 診療報酬明細書
  • カルテ
  • 検査結果
  • 事故状況がわかるもの
  • 陳述書

 

▲事前認定

保険会社を経由させて、損保料率機構・自賠責保険事務所へ異議申立て申立て書を送ります。

そのため、審査に必要な書類を作る手間を省けます。

その後、再審査の結果をもとに保険会社から賠償額が提示され、被害者がその金額に納得したら示談成立、という流れになります。

そのかわり、書類に不備がある状態で審査に回される可能性があるといったデメリットがあります。

 

▲もしも加害者と主張が別れたら

もしも認定された後遺障害等級についてあなたと加害者で主張が分かれたら、一般財団法人自賠責保険共済紛争処理機構による調停が行われます。

 

▲訴訟は最後の手段

後遺症認定に納得がいかないとき、裁判をするという手段もあります。

しかし、この方法は負ける可能性もあり、負けた場合は多額の費用と時間がかかるため、最後の手段として留めておくのが良いでしょう。

また、もしも裁判で負けてしまった場合、不服があろうと判決内容に従わなければなりません。

異議申し立てを成功させるためには

後遺障害認定への異議申立てで最も多いのは自賠責保険への被害者請求で異議申し立てです。

しかし、実は、異議申立てが成功することは滅多にありません。

とは言ったものの、何もしなかったら可能性は0になってしまうため、ここでは異議申立てを成功させるための方法をまとめました。

 

▲自覚症状と認定された等級の症状を比べる

自分の症状と認定された等級の症状を比べて、自分の症状の方が重いと感じたら、医師に診断書を書いてもらいましょう。

 

▲後遺障害診断書を再度書いてもらう

自分の症状を再確認し、ちょっとしたしびれなどの些細な感覚にも注意を払って、医師の伝え、診断書に書いてもらいましょう。

 

▲再検査をする

元々した検査とは違う方法で再検査をしてみます。

例えば前回はMRIで今回はX線など、前回の検査では見つからなかった症状が見つかるかもしれません。

後遺障害認定の結果に納得がいかない場合は弁護士へ

後遺障害等級の結果に納得がいかない場合は、ご自身で判断して異議申立てをするよりも、交通事故の専門知識を持つ弁護士に相談してから異議申立てをすることをおすすめします。

異議申立てで結果を変更させることは難しいかもしれませんが、弁護士に相談した方が確率は上がるはずです。 

まとめ

研究
  • 後遺障害認定の結果に納得がいかない場合は異議申立て
  • 被害者請求は医師に自分の症状をしっかりと伝えることができる
  • 事前認定は審査に必要な書類を作る手間を省ける
  • 認定された後遺障害等級についてあなたと加害者で主張が分かれたら、一般財団法人自賠責保険共済紛争処理機構による調停が行われる
  • 後遺症認定に納得がいかないとき、裁判をするという手段最後の手段として留めておくのが良い
  • 異議申し立てを成功させるために、症状の比較、後遺障害診断書見直し、再検査

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分