損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故で同乗者が死傷/損害賠償を請求できる?

弁護士

「知人が運転している車に同乗中に事故に遭った場合、損害賠償は請求できるのかな?」
「交通事故に遭って、運転していた家族は無事だったが、同乗の自分が怪我を負った。損害賠償は誰に請求すればいいのだろう?」

記事をご覧のあなたは、こんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

友人や家族が運転する車で事故に遭った同乗者が死傷した場合は、交通事故の相手や運転者に損害賠償を請求することができます。

本記事では、事故のケース別に損害賠償を請求できる相手について解説します。

また、事故の相手と運転手双方に損害賠償を請求できるケースでの対処の仕方についても触れていきますので、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

【ケース別に解説】交通事故で同乗者が損害賠償を請求できる相手は誰?

交通事故で同乗者が死傷した場合、交通事故の相手と運転者の両方に損害賠償請求をすることができます。

なぜなら、交通事故の被害は、車を運転している両者によって引き起こされるものに他ならないからです。

ただし、ケースによってはどちらか一方にしか請求できない場合もあります。

この章では、ケース別に損害賠償が請求できるのは誰かを解説していきます。

【ケース1】交通事故の相手にだけ損害賠償を請求できる

同乗者を乗せていた運転者に過失がない場合、損害賠償を請求できるのは、交通事故の相手だけです。

たとえば、車に乗っていて加害者の車が一方的に追突してきた場合や、こちらは信号を守っているのに相手が赤信号で突っ込んできたといったケースでは、事故の相手にのみ損害賠償が請求できます。

【ケース2】同乗者を乗せていた運転者にだけ損害賠償を請求できる

事故の相手に過失がなかった場合、また、単独事故であった場合は同乗者を乗せていた運転者にだけ損害賠償を請求できます。

たとえば、運転者が一方的に相手の車に追突したり、赤信号で事故を起こしてしまったケースでは、事故の相手には過失が認められないことがあります。

その場合は、相手には損害賠償請求はできません。

また、単独事故では事故の相手はおらず、運転者に全過失があるということになりますから、損害賠償金は同乗者を乗せていた運転者に全額請求することになります。

【ケース3】事故の相手と運転者の両方に損害賠償を請求できる

事故の相手とこちらの運転者の双方に過失がある場合は、両方に損害賠償を請求できます。

この場合、どちらに先に請求すべきか、また、どちらにどれだけ損害賠償が請求するべきなのかが気になるかと思いますが、実は優先順位のようなものは発生しません。

交通事故が双方の過失によって引き起こされたケースでは、連帯責任となり、どちらも全額の支払い義務を負うことになります。

被害者(同乗者)は、事故の相手にも運転者にも全額の損害賠償請求をすることができるのです。

被害者の考えで、どちらか一方からだけ全額の支払いを受けることも可能ですし、双方を合わせて全額の支払いを受けることもできます。

これも覚えておきましょう

事故の相手と運転者の両方に過失があるケースでは、たとえば1,000万円の損害があったとして、事故の相手にその全額を請求しても構いませんし、運転手に全額請求しても構いません。あるいは事故の相手と運転者に500万円ずつ請求しても良いですし、どちらかに700万、一方に300万円といった割合でも構いません。

一般には、知人などの車に同乗していて交通事故に遭ったときは、事故の相手とこちらの運転者のうち資力のある方か、請求しやすい方に対して損害賠償を求めるケースがほとんどです。

※ケース3における損害賠償請求の相手の選び方については、次章で詳しく解説します。

交通事故で同乗者が賠償請求するとき|相手はどう選ぶ?

前章のケース3で、事故の相手と運転者の両方に損害賠償を請求できる場合、実際にはどちらに全額、あるいは高い金額を請求すればいいのでしょう?

この章では同乗者の損害倍書請求相手の選び方について解説します

自動車保険が適用される方を選ぶ

事故の相手か運転者のどちらかが無保険だった場合は、自動車保険が適用される方を選んで損害賠償を請求しましょう。

無保険の人を選ぶと示談交渉は難航することが多いです。

相手に仮に支払う気持ちがあったとしても、お金がないとどうしようもありません。

「お金がないから払えない」と主張され、そのまま支払ってもらえない可能性もあります。

交渉の相手が自動車保険に入っていれば、決まった示談金は必ず支払ってもらえます。

資力がより高い方を選ぶ

事故の相手と運転手のどちらにも自動車保険が適用されないケースでは、より資力の高い方を選んで損害賠償を請求しましょう。

事故の相手に資力があるならそちらに請求した方が良いですし、より過失が大きく感じる相手であっても資力がないのであれば、支払い能力のありそうな運転手に請求すべきでしょう。

運転者が家族の場合は事故の相手に請求する

運転者が家族の場合は、一般に損害賠償は事故の相手に請求した方が良いといえます。

運転者が配偶者や父母、子供などの家族である場合は、自動車保険の対人賠償責任保険が免責されることになっているからです。

つまり、家族が運転する車に同乗していて事故に遭った場合には、運転者が自動車保険に入っていたとしても、任意保険から保険金を受け取ることはできないのです。

契約していた自動車が交通事故に遭ったときに乗車していた人が補償を受け取れる人身傷害補償保険は利用できますが、これだけでは損害賠償の全額に足りない可能性が高いです。

もちろんだからといって、運転者の責任が免除されるわけではありませんが、

事故の相手と運転者の両方に損害賠償請求できるケースでは、あえて家族に損害賠償請求するよりも、事故の相手に賠償金の支払いを求めた方が良いでしょう。

これも覚えておきましょう

家族や友人が運転者であった場合、「好意同乗」によって賠償金が減額されるケースがあります。「好意同乗」は、運転者の好意によって同乗させてもらっていた場合の事故で被害者が請求できる賠償金が減額されることです。

たとえば、同乗者が危険な行為をして事故の原因を作りだしたり、運転に危険があると承知しながら同乗した場合です。「好意同乗」が適用されると、20%〜50%くらいの割合で損害賠償金が減額されてしまいます。

さらに、交通事故によって相手や第三者を死傷させてしまったケースでは、同乗者自身に損害賠償責任が発生することもあります。

たとえば、同乗者が運転を妨害した場合や、運転手が飲酒していることを知っていて同乗していた場合などです。

このようなケースでは事故の原因が同乗者にもあると見なされ、事故の被害者に治療費や慰謝料などを支払わなくてはなりません。

このようなことにならないよう、人の車に同乗する際は、くれぐれも注意するようにしましょう。

友人や家族が運転する車に同乗していて事故に遭った際には、ケースに応じて適切な対応が必要になります。

なるべく早い段階で交通事故に強い弁護士に相談されることをおすすめします。

まとめ

研究

交通事故で同乗者が死傷した場合、交通事故の相手と運転者の両方に損害賠償請求をすることができる

■ただし、ケースによってはどちらか一方にしか請求できない場合もある
・同乗者を乗せていた運転者に過失がない場合、損害賠償を請求できるのは、交通事故の相手だけ
・事故の相手に過失がなかった場合、また、単独事故であった場合は同乗者を乗せていた運転者にだけ損害賠償を請求できる
・事故の相手とこちらの運転者の双方に過失がある場合は、両方に損害賠償を請求できる

■事故の相手と運転者の両方に損害賠償を請求できる場合の請求先の選び方
・自動車保険が適用される方を選ぶ
・資力がより高い方を選ぶ
・運転者が家族の場合は事故の相手に請求する

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分