損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

歩行者と車の交通事故における過失割合

弁護士

「歩行者と車の交通事故だと車が全部悪いことになるって本当かな?」
「歩行者に事故の原因があるときでも車のせいにされるってこと?」

記事をご覧のあなたは、そんな疑問を抱いていらっしゃるのではないでしょうか。 

おっしゃる通り、歩行者と車の交通事故では、車側を加害者として100%責任があると見なされることが多いです。

お互いの過失の度合いをあらわす「過失割合」は、【車100:歩行者0】であるケースがほとんどといえます。

ただし、事故の状況によっては被害者(歩行者)にも過失があると見なされ、過失割合が変わることがあります。

場合によっては割合の半分以上が歩行者になる可能性もゼロではないのです。

本記事では、歩行者と車の交通事故における過失割合について詳しく解説していきます。

歩行者VS車の交通事故|過失割合はほぼ【車100:走行者0

歩行者と車の交通事故では、ほとんどの場合、車が加害者と判断されます。

過失割合は、加害者である車側が100%、つまり【車100:歩行者0】となります。

そうでなかったとしても、大抵は車側に重めの責任が問われます。

<事例>

たとえば、歩行者が青で信号を渡ろうとしているときに、車が信号の表示を無視して進行してきて事故が起きた場合、これは明らかに車に過失があるので過失割合は【車100:歩行者0ですよね。

けれども逆の場合、歩行者の側が信号無視をして横断歩道を渡ろうとして車と衝突したケースなら、過失割合が【車0:歩行者100】になるかというとそうではないのです。

このケースでは、だいたい過失割合は【車30:歩行者70となります。

これは、事故に遭っても物損で済む車と違い、生身で衝撃を受ける歩行者は命の危険にさらされやすい弱者であることに起因しています。

加えて、車には危険回避義務が課せられているので、過失割合が高くなりがちなのです。

事例の中で、信号無視をした歩行者の過失割合は70と述べましたが、これはほとんど上限で歩行者の過失割合が80になることは基本ありません。

歩行者は道路上では、ある意味守られた存在といえるでしょう。

しかしながら、歩行者側に明らかな過失が認められた場合、過失割合の判断は様々に変動する可能性はあります。

歩行者側の過失が問われて、過失割合が変動するケースについて次章で具体的に解説していきます。

歩行者VS車の交通事故|歩行者が過失を問われる3つのケース

車との交通事故で歩行者が過失を問われるのは以下のようなケースです。

  • 歩行者が横断歩道で信号無視をした
  • 歩行者が横断歩道以外の道を横断した
  • 歩行者が道に飛び出した

1つずつ具体的に解説していきます。

あなたは、事故に遭ったとき自分にも損害賠償責任が生じてしまうこのような行為をしたことはないでしょうか?

普段の自分の行動と照らし合わせてみてくださいね。

横断歩道での信号無視では歩行者が過失を問われる

<歩行者の信号が赤で車の信号が青だった場合>

歩行者が信号無視をした場合、前述のように歩行者が過失を問われます。

ただし、車側の責任が0とはならず、過失割合は【車30:歩行者70となります。

<歩行者の信号も車の信号も赤だった場合>

両者とも信号無視をした場合も、車の方がより重い責任を問われます。

前に述べましたように、生身で衝撃を受ける歩行者は命の危険にさらされやすい弱者であり、加えて、車には危険回避義務が課せられているからです。

この場合の過失割合は【車80:歩行者20となります。

ここもチェック!

信号のない横断歩道で起きた交通事故での過失割合は【車100:歩行者0】です。

道路交通法によって、車は信号のない横断歩道を通過する際、横断中または横断しようとする歩行者がいるときは一時停止して歩行者の通行を妨害しない義務を負っています。

横断歩道以外の道を渡った場合は歩行者が過失を問われる

横断歩道以外の車道と見なされる道を横断しようとして事故が起きた場合は、歩行者にも過失が問われます。

このケースでは、道路の状況に応じて以下のような判断となります。

<歩行者が横断歩道の付近の道を横断した場合>

歩行者は横断歩道を横断すべきで、車をそれを予期している状況の中、あえて横断歩道でない道を横断した責任が問われ、過失割合は【車75:歩行者25】となります。

<歩行者が信号や横断歩道のない交差点を横断した場合>

道幅や周囲の状況によって多少の違いがありますが、過失割合は、車8090、歩行者2010となります。

道に飛び出したときは歩行者が過失を問われる

歩行者が道路を横断しようと突然飛び出したというケースでは、歩行者の過失は重いと判断されます。

過去の事案から推測すると、過失割合は車7085、歩行者15〜30位になるでしょう。

歩行者が子供や老人だった場合は、また、事故が住宅街や商店街で起きた場合は、歩行者側の過失割合は減算される可能性があります。

ここもチェック

歩行者が酔っ払って路上に寝ていて事故に遭ったといったケースでは、歩行者の過失割合が50以上と見なされることもあります。こういった場合、歩行者であっても車の修理費用は勿論、過失割合に応じて相応の損害賠償を請求されます。歩行中の事故であれば、歩行者が加入している自動車保険を利用することはできませんので、くれぐれも注意しましょう。

※ここまで挙げた過失割合の例は、あくまでも過去の事案に基づくものです。実際の事故と場所や状況が完全に一致しているわけではないので、実際には数値が違ってくる可能性もあります。

歩行者として交通事故に遭って過失割合に納得がいかなかったら……

過失割合は、慰謝料や示談金、損害賠償額を決める際に大きく関わってきます。

歩行者として事故に遭って、保険会社の判断した過失割合に疑問を持たれた場合は、お早めに交通事故に詳しい弁護士に相談されることをおすすめします。

なぜなら、車同士の事故と違い、歩行中に交通事故に遭った場合は、ご自分の加入している保険会社に示談交渉を依頼することができないからです。

交渉の専門家である保険会社を相手に、被害者である歩行者自身が示談交渉をすることは、事故被害を受けた心身にとって大きな負担になります。

ストレスのあまり、保険会社に誘導されるまま、不利な内容で示談に応じてしまう可能性もあります。

それは避けたいですよね。

歩行者の立場で交通事故被害に遭った場合は、過失割合の原則を念頭に入れておくと共に、1人で悩まず弁護士にアドバイスを求めるようにしましょう。

まとめ

研究

歩行者と車の交通事故では、ほとんどの場合、車が加害者と判断される

過失割合は、加害者である車側が100%、つまり【車100:歩行者0】となることが多い。

■歩行者VS車の交通事故|歩行者が過失を問われる3つのケース

1.横断歩道での信号無視では歩行者が過失を問われる
<歩行者の信号が赤で車の信号が青だった場合>
過失割合は【車30:歩行者70】
<歩行者の信号も車の信号も赤だった場合>
過失割合は【車80:歩行者20】

2.横断歩道以外の道を渡った場合は歩行者が過失を問われる
<歩行者が横断歩道の付近の道を横断した場合>
過失割合は【車75:歩行者25】
<歩行者が信号や横断歩道のない交差点を横断した場合>
過失割合は、車80〜90、歩行者20〜10

3.道に飛び出したときは歩行者が過失を問われる
過失割合は車70〜85、歩行者15〜30位
※歩行者が路上で寝るなど明らかに過失があ

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分