損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故に遭った時に警察へ伝える適切な内容

弁護士

「交通事故に遭ったとき警察にはどんなことを伝えればいいの?」
「警察とやりとりなんてしたことないから、事故のことを上手く話せるか心配…」

この記事をご覧のあなたは、このような不安を抱えているのではないでしょうか。

交通事故に遭ってしまったら、事故の大きさや被害の程度に関わらず、警察への通報が必須になります。

けれども事故は不意に起こるもの。誰だって動揺してパニックに陥ってしまいがちですよね。

そんなとき、“どのようなことを警察に伝えるべきか” という知識を持っていれば、落ち着いて対処できます。

この記事では、交通事故に遭った時に警察へ伝えるべき内容を、通報する時警察が到着してからに分けて、詳しく解説します。

また、警察が事故の内容について現場検証(実況見分)をした結果を記載する「実況見分調書」についても分かりやすく説明しますので、最後まで読んで、いざというときに役立てて頂けたらと思います。

交通事故に遭ったときはまず一番に警察に通報する

交通事故に遭ってしまったら、まず一番に警察に通報しましょう。

警察への届け出は法律上の義務(道路交通法第72条)ですが、通報するべき理由はそれだけではなく、被害者であるあなたが損をしないために必要なことだからです。

警察に通報し届け出をすると、「交通事故証明書」が作成されます。

届け出をしなければ、交通事故が発生した事実を証明するものが何もなく、加害者や保険会社に対して損害賠償を請求しても応じてもらえない可能性があります。

交通事故に遭ったら、たとえそれがケガのない物損事故であっても、警察に通報し届け出をして「交通事故証明書」の発行を受けられるようにしましょう。

交通事故に遭った時の警察へ伝えるべき内容

交通事故に遭った時に警察へ伝えるべき内容を、通報する際と、警察が到着してからに分けて解説します。

事故で気が動転していても、なるべく迅速に、正確に、事故のことを伝えられるように内容をしっかり把握しておきましょう。

交通事故を通報するとき警察へ伝えるべき内容

交通事故を警察に通報する際、電話で伝えるべき内容は次の5つです。

  • 事故が発生した日時と場所
  • 負傷者の数と負傷の程度
  • 事故によって損壊した物と損壊の程度
  • 事故に関係する車両などの積載物
  • 事故について行った措置

ここもチェック!【電話で場所を的確に伝えられないとき】

警察や救急病院への通報で、事故の起こった場所を伝えるとき、土地勘がないために正しい位置情報を伝えられない場合があります。

そんなときは、下記のポイントに住所が記載されていることを覚えておくと役立ちます。

  • 自動販売機に貼られた住所表示ステッカー
  • 信号機の地名表示や制御機の管理番号
  • 電柱に取り付けられた街区表示板や電柱番号

歩道橋や橋の名前、バス停や建物の名前などを伝えることで正確な場所を判断してもらえる場合もあります。

また、携帯電話やスマートフォンのGPS測位情報や基地局情報によって場所を特定できるケースもありますので、GPS機能はオンにするようにしましょう。

警察が到着して実際に対応したとき伝えるべき内容

交通事故の通報により警察が到着してから伝えるべき内容(取るべき対応)は、大きく分けて以下の2つになります。

  • 通報内容の確認と説明をする
  • 現場検証に立ち合う

それぞれ具体的に解説していきましょう。

【通報内容の確認と説明をする】

警察が到着したら、まず、警察官に対してあなたが事故の当事者(被害者あるいは加害者)であることを名乗ります。

警察は、通報内容の確認をしながら、事故の起こった状況や事情を詳しく聞いてきますので、できる限り正確に答えるようにしてください。

もし警察官があなたの記憶と異なる記録を前提に聴取を進めていると感じた場合は、必ず指摘してあなたの認識を伝えましょう。

そのまま聞き流していると「交通事故証明書」に誤った事実が記載されてしまいます。

【現場検証に立ち合う】

現場検証(実況見分)とは、警察官が事故の当事者や目撃者などの説明にしたがって、現場でどんな風に事故が起きたのかを記録していくことをいいます。

現場検証(実況見分)の結果が記載されたものが「実況見分調書」(※)で、示談交渉、刑事裁判および民事裁判において重要な証拠になります。

(※)「実況見分調書」については次章で詳しく説明します。

現場検証は事故当日でなく日を改めて後日行われることも多いのですが、あなたの認識をきちんと伝えて記録に反映してもらうために、必ず立ち合うようにしましょう。

交通事故で警察が作成する「実況見分調書」について

「実況見分調書」は、現場検証(実況見分)をした結果を記載する書面です。

その内容や取り寄せ方法について説明します。

「実況見分調書」に記載される内容

記載される内容は以下のような事項になります。

  • 事故の発生日時、事故当時の天候、見分をした日時、場所、立ち会った人の名前
  • 現場道路の状況(路面の状況や明るさ、見通し、速度や一時停止等の交通規制など)
  • 車両の状況(車両や番号、衝突の部位や程度、状況など)
  • 立会人の指示説明(相手を発見した地点やブレーキを踏んだ地点、衝突した地点
  • 各地点の距離など)
  • 交通事故現場見取り図
  • 現場の写真

「実況見分調書」は、刑事裁判だけでなく、示談交渉や民事裁判においても過失割合(※)を判断する重要な資料になります。

(※)過失割合:交通事故の過失割合とは、事故におけるお互いの過失(不注意)の度合いを割合で表したもの。

現場検証には必ず立ち合い、覚えている限りの状況をしっかり伝えて、正確な内容を記載してもらえるようにしましょう。

「実況見分調書」を取り寄せる方法

示談交渉や裁判で「実況見分調書」を利用したい場合の取り寄せ方法は、以下の手順になります。

①警察を通じて、自動車安全運転センターから交通事故証明書を入手する

②交通事故証明書に記載された事故照会番号を、事故処理を行った管轄の警察署に連絡して、交通事故が検察庁に送致された年月日、送検番号を確認して控える

 事故が送致された検察庁に連絡し、送検番号、加害者の名前等を伝えて記録の謄写や閲覧の申請をしたい旨を伝える

相手から謄写や閲覧のために必要な手続きが指示されるので、それにしたがって手続きをすれば「実況見分調書」の開示を受けることができます。

ここもチェック!【後日ケガしていることがわかった場合】

交通事故当初はケガをしていないと思って物損事故として届け出をしたのに、後日、身体に痛み等が出てしまいケガをしていることがわかることも多々あります。

その場合は、病院に診断書を発行してもらって、改めて警察に届け出をするようにしましょう。後日であっても、診断書を持っていけば、物損事故から人身事故に切り替えてもらえます。

人身事故に切り替えることによって、「実況見分調書」も作成してもらえます。

後日であっても、身体に異変を感じたらまず事故との関連を想定し早急に病院に行くようにしましょう。

交通事故に遭ってショックを受けない人はいないでしょう。

そんな中、警察への対応には冷静さや正確さが求められます。

ケガの治療や破損した車の修理、加害者や保険会社との示談交渉の傍ら、警察にも間違いのない対応をしていくのは、事故の当事者にとってかなりの負担であることは否めません。

交通事故に遭って警察への対応がうまくいかない、やりとりの中で不安を感じている、などの悩みをお持ちの方は、適切なアドバイスが出来る専門の弁護士に早めに相談することをおすすめします。

まとめ

研究

■交通事故を通報するとき警察へ伝えるべき内容
・事故が発生した日時と場所
・負傷者の数と負傷の程度
・事故によって損壊した物と損壊の程度
・事故に関係する車両などの積載物
・事故について行った措置

■警察が到着して実際に対応したとき伝えるべき内容
・通報内容の確認と説明をする
・現場検証(実況見分)に立ち合う

交通事故に遭って警察とのやりとりがうまく運ばない場合は、適切なアドバイスが出来る専門の弁護士に早めに相談しましょう。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分