損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故被害で弁護士に依頼して失敗(後悔)することはある?

弁護士

「交通事故を起こしたら、弁護士に依頼すれば慰謝料をもらえるの?」
「弁護士ってみんながみんな交通事故に強いの?

交通事故の被害に遭った際、相談や示談交渉や訴訟などの依頼で、弁護士の元を訪れる方は多くいます。

弁護士事務所へ行けば何とかなる、そんな気持ちをお持ちの方も少なからずいるようですが、弁護士といっても性格や仕事ぶりは様々。

実は弁護士に依頼しても、逆に損をしてしまったり、やり取りがスムーズではなかったなど、色々な失敗談もあるのです。

この記事では、交通事故の弁護士に仕事依頼して失敗すことはあるかどうか、お話します。

交通事故の弁護士に依頼して失敗したと思うこと

すが、実はそうとも限りません。

弁護士にもそれぞれ性格があり、あなたと相性が良くない弁護士だって恐らくいるはずので、注意が必要です。

以下に、弁護士に依頼して失敗してしまいがちなことをまとめました。

弁護士に依頼したら、費用倒れしてしまった

費用倒れとは、弁護士に依頼して得た利益よりも、弁護士費用の方が高額になってしまうことです。

弁護士に依頼したおかげで加害者から慰謝料を多く貰えた代わりに、弁護士費用で全て消えてしまっては、手元に残るのは勝ちった満足感のみです。

ただ、費用倒れしそうな場合は、弁護士から費用倒れしそうなこと、そもそも費用倒れをするから依頼を受けてもらえない場合も多いです。費用倒れになりやすいのは、以下のような交通事故です。

 

▲費用体系が時間制の弁護士は避けた方が無難

弁護士事務所の中には、依頼した際の費用が時間制になっているところがあります。

時間制の弁護士事務所は相談しただけでも料金がそれなりに高額になってしまうこともあり、想定よりも弁護士費用がかさんでしまうのです。

弁護士との相性が合わない

弁護士に依頼する際、費用ばかり注目していますが、実は、あなたと弁護士の相性がとても大切なのです。

例えば、あなたと相性が良くない弁護士に依頼してモチベーションが下がり、以下のようなことが起こる可能性があります。

  • 弁護士との連絡不足により、連携が取れない
  • ストレスから、弁護士のアドバイスを受け入れられない
  • 別行動を取り出す

弁護士に依頼すると、おのずとあなたと弁護士は連絡を取ることが多くなります。

しかし、あなたと弁護士との相性が悪いと、連絡するたびに大きなストレスとなるため、ついつい連絡を避けてしまいます。

そこから発展して弁護士からのアドバイスを受け入れなくなってしまうかもしれません。

弁護士との相性が悪いと関係が破綻してしまうことも十分有り得るのです。

弁護士への不信感がある

弁護士への不信感から関係が悪くなってしまうこともよくあります。

よくあケースは、連絡無精な弁護士への不信感です。

弁護士が電話に応答してくれず、折り返しの電話もなく、留守電も未対応、さらにメールも返ってこない、という何の連絡も取れない状態への不信感です。

  • 依頼内容は進んでいるのか
  • どこまで進んで今どんな状況か
  • 自分も何かするべきことはあるのか

依頼者は費用を払っているので、本来は依頼を受けている弁護士が上記のような報告を逐一入れるべきでしょう。

しかし、連絡を全くしない弁護士は、以下のような理由で連絡をしないことが多いのです。

  • 忙し過ぎて連絡できない
  • あなたの依頼を放置している

あなたの依頼を放置している弁護士は言語道断ですが、忙しすぎて連絡できない弁護士も、依頼内容自体は進めているとはいえ、これからも連絡してこないのであれば、あなたの不安は拭えないでしょう。

そこで、話を共有してくれる弁護士への乗り換えも検討することをおすすめします。

弁護士の依頼内容に対する解決方法に納得できない

費用倒れすることなく無事に依頼内容を解決できたけれど、もっと慰謝料を多く請求できたのでは?と、解決内容に不満をもっている場合です。

例えば、訴訟していればもっと慰謝料を貰えてそうなところを、条件を下げて示談で済ませたなどです。

ただし、そこは法律のプロの選択なので、あなたの状況を踏まえた上でのベストな解決策だったのかもしれません。

いずれにせよ、依頼した弁護士がもっとあなたとしっかりコミュニケーション、情報共有をしていれば避けられる不満でしょう。

弁護士の示談交渉の手続きが進まない

交渉が少しずつ進んではいるけど、決してスムーズとは言い難いゆっくりペースで進んでいる場合も、やはり依頼者は不安になってしまいます。

例えば、すぐに保険会社の対応をする、すぐに提訴する、と約束しておきながら、待てども待てども特に進展がなく、その後どうなったの報告も特に無いといった場合、やはりあなたの中に不信感が生まれるかと思います。

  • すぐにやると約束したのだからすぐにやる
  • すぐにできないことを報告する
  • すぐにできなかったのならその理由を説明する

こちらに関しても、弁護士とあなたのしっかりしたコミュニケーション、情報共有が大切です。

交通事故の依頼の途中で弁護士を変える方法

現在依頼している弁護士に不満や不信感を理由に他の弁護士への乗り換えを希望している場合、基本的には途中で弁護士を変えることは可能です。

しかし、事案の進行具合によっては、もう今更弁護士を変更してもあまり意味が無い場合もあり、注意が必要です。

弁護士を変える方法以下の手順となります。

  1. 新しい弁護士を探す
  2. 元々依頼していた弁護士を解任する
  3. 新しい弁護士に着手金を支払う
  4. 新しい弁護士が引き継ぐ

1.交通事故に強い新しい弁護士を探す

交通事故に強い新しい弁護士を探すために、以下の手順で探してみてください。

  1. インターネットなどで交通事故に強い弁護士を探す
  2. 数名の弁護士をピックアップし、実際に相談をしに行く
  3. 新しい弁護士たちの相談に対する見解を受けて、今の弁護士のままにするか、新しい弁護士のうちの誰かにするか決める

少々手間がかかりますが、一度依頼したら弁護士に着手金なども払わなくてはいけないため、慎重に検討することをおすすめします。

2.元々依頼していた弁護士を解任する

1で新しい弁護士に依頼すると決めたら、現在依頼している弁護士を解任します。

解任に弁護士が応じたら、合意によって委任契約が解消されます。

▲現在の弁護士を解任してから新しい弁護士と契約にならないよう気を付ける

先に現在の弁護士を解任してしまうと、次の弁護士に依頼するまでの間、あなたは弁護士がいないという危険な状態になってしまいます。

弁護士がいないことで、保険会社とのやり取りはあなたが担当しなくてはならず、もしかしたらこの期間に不利な条件を飲まされてしまうかもしれません。

3.新しい弁護士に着手金を支払う

新しい弁護士に以下の依頼料を支払います。

  • 着手金
  • 実費

弁護士事務所によっては着手が無い場合もあるので、事前の確認を取りましょう。

4.新しい弁護士が引き継ぐ

3まで終えたら、案件の引き継ぎのために以下のことをしてください。

  • 以前の依頼していた弁護士に、新しい弁護士の氏名と連絡先を教える
  • 新しい弁護士に、以前依頼していた弁護士の氏名と連絡先を教える

あとは弁護士同士で連絡を取り合ってくれます。

まとめ

研究
  • 費用倒れとは、弁護士に依頼して得た利益よりも、弁護士費用の方が高額になってしまうこと
  • 費用体系が時間制の弁護士は避けた方が無難
  • 弁護士とは連絡を取り合う機会が多いので、しっかりと連絡をまめに取ってくれる弁護士がおすすめ
  • 弁護士に不信感があったら、他の弁護士に依頼することも検討
  • 新しい弁護士を探す際は、何人かの弁護士に会って相談して決める
  • 新しい弁護士に依頼するには、新しい弁護士を委任してから以前の弁護士を解任する

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分