損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故被害の弁護士相談にセカンドオピニオンは必要?

弁護士

あなたはセカンドオピニオンといえば医療分野だけだと思われていないでしょうか?

実は現在、弁護士業界でもセカンドオピニオンを活用することが一般的になってきています。

依頼している弁護士以外の他の弁護士に相談して第2の意見を聞くということは、特に交通事故被害では良い結果を生みます。

本記事では、交通事故被害において弁護士のセカンドオピニオンを受けるメリットについて解説します。

また、よくあるご質問にもお答えしていきますので、セカンドオピニオンを受けるべきか迷っている人はぜひ参考にしてください。

交通事故被害で弁護士のセカンドオピニオンを受けるメリット

交通事故の相談で弁護士のセカンドオピニオンを活用するメリットは主に以下の3つです。

  • 対応について冷静な判断ができる
  • より良い対応を選べる
  • 今の弁護士との相性がわかる

ひとつずつ具体的に解説していきましょう。

対応について冷静な判断ができる

他の弁護士にも相談してみることで、最初の弁護士のアドバイスと比較して、どちらが交通事故に精通しているか冷静な判断ができるようになります。

多くの人にとって交通事故に遭うのは初めての経験だと思います。さらに、弁護士に相談することもほとんどの人が初体験かと思います。

ですので、その弁護士が優秀かどうか、ましてや交通事故に強くて最善の対応をしてくれているかどうかは判断のつきかねることでしょう。

交通事故の場合は示談交渉が必須となります。どの弁護士も弁護士基準(※)で示談交渉を進めますが、成立するかどうかは弁護士の実力によるところも多々あります。すべての弁護士が交通事故に強いわけではないのです。

自分にとって本当に有効なアドバイスを冷静に判断できる、比べることができるということは、セカンドオピニオンを受ける大きなメリットです。

(※)弁護士基準:、裁判所における判例などを参考にした基準のこと。自賠責基準や任意保険基準よりも高額な慰謝料が設定される可能性が高い。

より良い対応を選べる

セカンドオピニオンを活用することで、より良い対応を選ぶことが可能になります。

たとえば交通事故で、後遺障害等級認定の結果に満足できない場合は、異議申し立てという再審査を求める手段があります。

証拠の集め方などで結果を翻すことも不可能ではないのですが、その手段をとるかどうか、または別の対応を選択するのか? それは弁護士によって変わってきます。

複数の弁護士に相談することで、被害者自身にとって最善の解決方法を選べるようになります。

今の弁護士との相性がわかる

最初に依頼している弁護士との相性がわかるのもメリットといえます。

どんなに優秀で交通事故に精通した弁護士であっても、相性が悪い弁護士がいないとは限りません。

交通事故での事案の解決は、難航した場合、年単位の期間を要することもあり得ます。

そして、交通事故で身体や心に傷を負った被害者にとって、交渉の結果はその後の人生を左右するくらい重要なことです。

長期に渡ってやり取りし、共に人生をかけた交渉をしていく相棒のような存在と相性が悪いのでは何にもなりません。かえってストレスになってしまいますし、良い結果も望みにくいでしょう。

複数の弁護士に相談してみることで、今の弁護士との相性を判断することができます。

QA|交通事故の弁護士相談でセカンドオピニオンを受けるとき

交通事故被害の弁護士相談でセカンドオピニオンを受けることに対してよくある質問は以下の2つです。

  • 個人情報が漏れる心配はないか?
  • 元の弁護士との信頼関係が崩れないか?

ご安心ください。答えは、NOです。

どうしてなのか?

具体的な質問に詳しくお答えしていきましょう。

個人情報の取扱いについて

Q.複数の弁護士さんに相談すると、被害者や相談した人の個人情報が洩れたりはしないでしょうか?

相談内容もデリケートなものだと思うので取り扱われ方が気になります。

A. 弁護士は守秘義務を負って仕事をしています。弁護士法には以下のような条文が記載されているのです。

弁護士又は弁護士であった者は、その職務上知り得た秘密を保持する権利を有し、義務を負う。(弁護士法23条)

何人の弁護士に相談をしたとしても、弁護士やその事務所から個人情報及び相談内容が漏れる心配はありません。

先に依頼している弁護士との信頼関係

Q.現在依頼している弁護士にセカンドオピニオンを受けることを拒否されることはないでしょうか?

たとえば、「セカンドオピニオンを受けるのであれば、もう自分は担当しない」というようなことです。これまで相談してきた過程もありますし、他の弁護士の意見も聞いた上で、また今の弁護士に戻ろうと思ったときに戻れないのではと思って言い出せません。

 A. 他の弁護士にセカンドオピニオンを受けることを、現在依頼している弁護士に告げる必要ありません。仮に伝えたとしても、相談者さんが案じられるような反応はかえってこないでしょう。現在、医療だけでなく交通事故などの弁護士相談において、セカンドオピニオンを受けることはマナー違反ではないという考え方が浸透しています。むしろ被害者や依頼する人の権利であるとされていますから、セカンドオピニオンを受けることで現在の弁護士との信頼関係が崩れることはありません。

Q.セカンドオピニオンを頼んだ弁護士から、元々依頼している弁護士に連絡などが入るのでしょうか?

最終的に元の弁護士さんに依頼しようとした際に印象を悪くして、元通りの関係が築けないのではないかと心配です。

A. セカンドオピニオンを頼まれた弁護士から担当弁護士に連絡がいくことはありません。弁護士には守秘義務があり、相談者の情報や相談内容を他者に話すことは禁じられています。

また、仮にセカンドオピニオンを受けたことを相談者さんが打ち明けたとしても、前述の通り、それは依頼人の権利のひとつなのです。弁護士が印象を悪くすることはないでしょう。

ここに注意!

セカンドオピニオンを活用して、結果弁護士を変更する際は、タイミングが重要になります。示談交渉などを依頼するため委任契約を締結していると、着手金が発生してしまい返金されない可能性があるからです。

弁護士事務所によっては「着手金ゼロ」と謳っているところもあるので、事前に調べておきましょう。また、契約内容によっては解約料が必要になるケースもありますので、契約書等をチェックするのも忘れないようにしてください。

弁護士費用特約に加入している人は基本的に弁護士費用がかかりませんが、念のため、保険会社に確認しておいた方がよsいでしょう。

交通事故被害に関して、無料相談で対応している交通事故に強い弁護士事務所があります。1人の弁護士への相談で少しでも不安な点がある場合は、セカンドオピニオンを検討することをおすすめします。

まとめ

研究

■交通事故被害で弁護士のセカンドオピニオンを受けるメリット
・対応について冷静な判断ができる
・より良い対応を選べる
・今の弁護士との相性がわかる

■交通事故被害の弁護士相談でセカンドオピニオンを受けることに対してよくある質問
・個人情報が漏れる心配はないか?
・元の弁護士との信頼関係が崩れないか?

弁護士は職務上の守秘義務を負っているため、セカンドオピニオンを受けたという情報や相談内容が漏れてしまったり、依頼人との信頼関係が崩れる心配はない。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分