損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

弁護士特約とは?
交通事故における弁護士特約は被害者だけ?

弁護士

「弁護士にお願いしたいけどお金の余裕がない」
「弁護士特約ってなに?」

交通事故の被害に遭って、弁護士に交渉を依頼したいけど、お金が心配。

そんな人にこそ、保険会社が弁護士費用を負担してくれる、弁護士特約という制度がおすすめです。

多くの弁護士事務所で利用可能ですが、世間からの認知度は低く、利用者が少ないのが現状です。

弁護士特約を契約している人がいても、契約していることを忘れているということも。

しかし、実は弁護士特約を利用することで、とてもお得に弁護士に交渉をお願いできるのです。

この記事では、弁護士特約の魅力や使い方などについてお話します。

弁護士特約ってどんな制度?

弁護士特約とは、交通事故に遭ってしまったとき、あなたが契約している保険会社が弁護士費用を負担してくれるという制度です。

あなたが負担する弁護士費用は無しなので、予算を気にせず弁護士へ依頼できます。

だいたいの保険会社は弁護士特約を用意しているので、あなたが加入している保険会社についても調べてみましょう。

弁護士特約を使うと、本当に弁護士費用がタダになるの?

弁護士特約で弁護士費用の負担額が無しになるというわけではありません。

たとえば、弁護士特約の上限金額は300万円なので、300万円を超えてしまった分は自己負担となります。

しかし、300万円以下の場合ならば全額負担してもらえるケースもあり、仮に全額負担とはならなかったとしても、交通事故の被害者にとって優しい制度であることは間違いありません。

◆弁護士費用の例

  • 相談料 5000円
  • 着手金 15万円
  • 成功報酬 17万5000円 + 示談金の10% 10万円

⇒合計 43万円

43万円もお得な上に、弁護士に依頼することで示談を有利に進められる可能性が高まるため、示談金UPも期待できます。

裁判を望んでいなくても利用できる

弁護士=裁判というイメージがあるか方も多いのではないかと思います。

しかし、示談交渉も弁護士の担当範囲です。

つまり、弁護士に示談交渉を依頼したときでも弁護士特約を利用できるということです。

弁護士特約を使う方法

弁護士特約は自動車保険に設けられている制度なので、交通事故に遭ったときに利用できます。

さらに、以下のような、自動車保険に契約している自動車に乗っていないときの交通事故でも利用できるのです。

  • 自動車保険に契約していない自動車で交通事故に遭った場合
  • タクシーやバス、他の人が運転する自動車に乗っているときに交通事故に遭った場合
  • 徒歩、自転車で交通事故に遭った場合
弁護士特約を使える人

弁護士特約がある保険会社と契約している被害者はもちろんのこと、その家族も使うことができます。

さらに、例えば契約している自動車が事故に遭い、その車には友人も一緒に乗っていたとしたら、その友人も弁護士特約が使えるのです。

もしもあなたが交通事故の被害に遭ったら、家族に弁護士特約を使えるかどうか確認しましょう。

弁護士特約を使うべき場面

◆事故が小さい

自費で弁護士に依頼した場合だと、小さな事故は示談金も少額なため、弁護士費用でほとんど無くなってしまいます。しかし、弁護士特約を使った場合、弁護士費用の負担が無しになるので、少額な示談金でも損しないのです。

◆加害者が保険に入っていない

加害者が任意保険に入っていないと、示談金も少額しか望めません。こういうときは、弁護士に依頼して然るべき交渉をしてもらうのがおすすめです。

◆すでに加害者と揉めている

加害者と揉めてしまうと、示談が長引いてお互いのために良くありません。なるべく早く和解するために、弁護士に依頼して仲裁してもらいましょう。

弁護士特約の使い方

弁護士特約を使うには、まず加入保険に弁護士特約がついていることが前提です。

まずはあなたが契約している保険に弁護士特約がついているかどうか確認しましょう。

1.交通事故に強みを持つ弁護士を探す

弁護士にはそれぞれ得意分野があります。

今回は交通事故なので、交通事故に強い弁護士を探す必要があります。

インターネットで「弁護士 交通事故」などと検索してみましょう。

良い弁護士事務所が見つかったら、可能ならば一旦会いに言って相談すると良いです。

2.保険会社に弁護士特約を使う旨を伝える

弁護士が決まったら、保険会社に弁護士特約を使いたい旨を伝えましょう。

保険会社に同意を得ないと弁護士特約が無効となってしまうこともあるので注意が必要です。

3.弁護士特約を使う旨を弁護士事務所に伝える

まず、1で見つけた弁護士事務所に、弁護士特約を使えるかどうか確認しましょう。

了承されたら、あとは担当の弁護士にあなたが加入している保険会社、保険会社の担当者を伝えると、あとは弁護士事務所が交渉を進めてくれます。

弁護士特約を使ったときの弁護士はあなたが選べます

保険会社が指定する弁護士にしなくてはいけないと思ってしまっている人もいるようですが、弁護士特約を使っても弁護士をあなたの意思で選べます。

なるべく、交通事故に強く、相性が良いなと感じる弁護士を選びましょう。

弁護士特約を使ってるけど、弁護士は途中で変更できるの?

例えば、弁護士の対応が不親切だった、連絡不精だったなど、あなたと相性が悪いなと感じた場合は、途中で弁護士を変更することは可能です。

ただし、変更したい場合はあらかじめ保険会社に伝えておきましょう。

弁護士特約を使えない場面

基本的に、被害者であるあなたに重大な過失がある場合は、弁護士特約を使えません。

詳しくは、以下のような場合は弁護士特約を使うことができません。

  • 交通事故が起きたときは弁護士特約に加入していなかった
  • 事業用の自動車
  • 自動車と関係ない事故(地震など)
  • 家族への損害賠償請求
  • 無免許運転・酒気帯び運転
  • あなたが事故の加害者
  • その他の故意、または重大な過失がある

※加害者、被害者、両者に非がある場合は使えます。

例えば、過失割合が 加害者 9:1被害者のように、 両者に過失がある場合でも、被害者は弁護士特約を使えます。

被害者請求についておさらいしましょう

研究
  • 弁護士特約とは、契約している保険会社が弁護士費用を負担してくれる制度
  • 弁護士特約の上限は300万円
  • 裁判ではなく、示談交渉でも利用できる
  • 弁護士特約は、自動車保険に加入している車での交通事故以外でも使える
  • 弁護士特約は、本人以外でも使える
  • 弁護士特約は、保険に契約している自動車ならば、家族じゃなくても利用できる
  • 弁護士特約を使う場合は、あらかじめ保険会社と弁護士に伝える
  • 依頼する弁護士は自分で選べる
  • 途中で弁護士の変更も可能ではあるが、保険会社にあらかじめ伝える
  • 交通事故以外の事故では使えない
  • 加害者や重大な過失がある人は弁護士特約を使えない

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分