損害賠償が増額できなければ成功報酬は頂きません。

横浜横須賀法律事務所
<交通事故相談専門サイト>

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分
新高島駅から徒歩5分
高島町駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
定休日
土日・祝日

●取扱い業務:交通事故

お電話での無料相談はこちら
0120-343-028

メールでのご予約は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故で保険会社から届く同意書にサインする前に確認すること

弁護士

「突然、加害者側の保険会社から書類が届いてきた」
「保険会社から届いた書類はサインして返送して良いの?」

保険会社など、重要そうなところから重要そうな書類が届いてきたら、内容をしっかりと読まずに、まずは求められるがままにサインしてしまう方が少なからずいらっしゃるかと思います。

しかし、交通事故の加害者側の保険会社から来た書類は、サインをしたら内容によってはあなたを不利にしてしまう可能性もあるため、「とりあえず」でサインするのは禁物です。

以上を踏まえて、加害者側の保険会社から来た書類の、必要なこと、不必要なことを慎重に判断しながら選り分けていきましょう。

この記事では、保険会社から届く同意書にサインする前に確認すべきことについてお話します。

加害者側の保険会社から送られてくる交通事故の被害に関する同意書

交通事故の加害者側の保険会社から書類が届いたら、まずはサインをするよりも、サインをする必要があるかどうか、確認をする必要があります。

特にどういった点に気をつければ良いかについてご説明します。

保険会社から書類には、以下の2点が封入されているかと思います。

  • 個人情報取得に関する同意書
  • 一括対応の同意書
 

個人情報取得に関する同意書

加害者側の保険会社があなたに交通事故の慰謝料を支払うために必要な同意書です。

保険会社は、あなたに慰謝料を支払うにあたり、以下の情報を把握していなくてはなりません。

  • 保険会社は、あなたの
  • どんな怪我をしたか
  • どれくらいの治療期間か、
  • どんな治療をしたのか
  • 治療費

上記の5つの項目がまとめて分かる書類が、以下の2点となります。

個人情報取得に関する同意書は、以下のような個人情報が記載させれた書類を得ても良いかどうかの確認となります。

  • 診断書
  • 診断報酬明細書

あなたが受診した病院が,自賠責用の診断書、診療報酬明細書を作り、保険会社に治療費を請求します。

あなたへの治療費の支払いに必要な書類の取得ではありますが、診断書、診療報酬明細書にはあなたの個人情報が記載されています。

保険会社の個人情報取得とは、診断書、診療報酬明細書に記載された個人情報ということになります。

 

▲交通事故による怪我は自由診療

普段のあなたの治療費や診察料は、公的医療保険(健康保険、国民健康保険、後期高齢者医療制度)の適用によって安い費用となっています。

しかし、交通事故の治療費は普段の治療と違って自由診療です。

自由診療とは、公的医療保険が適用されない診療で、病院が自由に費用を設定できるのです。

多くの病院は交通事故の治療は2 ~ 2.5倍の金額に設定しているところが多く、もしも自分で払うことになったら大変な額となってしまいます。

2倍の治療費を自己負担しないためにも、保険会社から送られてくる書類にサインしましょう。

 

▲サインしないとどうなるの?

保険会社から送られてくる書類にサインをしないと、保険会社は病院から診断書、診断報酬明細書を取得することができません。

つまり、保険会社は慰謝料を支払えず、治療費はあなたの自己負担となります。

しかし、あなたが自己負担した治療費が全て交通事故に関係があるものだと保険会社に認められれば問題ありません。

 

▲医療照会をするためにも個人情報取得の同意書が必要

個人情報取得には、もう1つの役割があります。

保険会社が想像していたよりもあなたの治療期間が長い場合、保険会社はあなたが受診している病院に医療照会するためです。

例えば、以下のような情報を取得します。

  • どれぐらい通院しているか
  • 治療の状況
  • 就労の制限があるか、ないか

医療照会をするためには、同意書が必要です。

保険会社が医療照会を求めるときは、もう治療費の支払いを止めたいと考えている場合が多いです。

個人情報取得に関する同意書で気をつけること

個人情報の取得自体には問題ないのですが、個人情報を取得することで保険会社が医療照会をできるようになることが問題です。

保険会社はあくまで会社なので、利益優先な面があります。

医療照会で保険会社があなたの実際の症状を知り、治療が長引きそうだったり、後遺障害が残りそうなら、途中で治療を終わらせるべきと判断し、症状固定を促してくるでしょう。

症状固定をした時点での症状があなたの症状として記録されてしまうため、治療途中での症状固定は絶対に避けましょう。

以上を留意した上で、同意書にサインすることをおすすめします。

一括対応の同意書

一括対応の同意書とは、加害者側の保険会社が自賠責保険の対応を担当するための同意書です。

まずは、下記に自賠責保険、任意保険について簡単にまとめたので、ご覧ください。

 

▲自賠責保険

  • 自動車に乗れる人は強制的に加入
  • 被害者が人の場合のみ補償
  • 補償額には上限がある
  • 示談代行なし

 

▲任意保険

  • 自賠責保険とは別に、自分の意思で加入
  • 対人賠償、対物賠償、あなた自身への補償、自動車の補償
  • 契約によって補償額が違う
  • 示談代行あり

 

▲保険会社の一括対応とは?

交通事故は、本来はあなたが加害者側の自賠責保険と任意保険にそれぞれ慰謝料の請求をすることも可能ではあります。

しかし、それではあなたの手間になってしまうので、あなたは任意保険のみとやり取りをし、あとは任意保険が自賠責保険とやり取りをしてくれるというのが一括対応です。

任意保険の一括対応の対象は以下の通りです。

  • 自賠責保険に慰謝料を請求
  • 交通事故の被害者の代わりに病院に治療費を支払う
  • 後遺障害等級の申請

任意保険に一括対応してもらうためには、一括対応の同意書にサインする必要があります。

「一括対応」と聞くと、自分に不利益なことが何か隠されていそうと思ってしまうかもしれませんが、任意保険会社の一括対応に関しては、そんなことはありません。

あなたの手間が減るので、サインをして利用することをおすすめします。

 

▲サインしないとどうなるの?

一括対応の同意書にサインをしないと、あなた自身で自賠責保険と任意保険の両方に対応しなくてはなりません。

また、病院への治療費を立て替えなくてはなりません。

交通事故の治療は自由診断なので、治療費が高く、立て替えるだけでも大変かと思います。

 

▲一括対応の同意書にサインしても、後遺障害等級を申請できる

たまに一括対応の同意書にサインをしたので、後遺障害等級の申請はできないと主張する保険会社もいるようですが、そんなことはないので注意しましょう。

保険会社からの交通事故被害に関する同意書に不安がある場合、弁護士に相談するのが無難

今回お話した個人情報取得に関する同意書と一括対応の同意書は、基本的にはあなたを不利にするような書類ではありません。

しかし、あなたの怪我の治療状況によっては、保険会社が個人情報取得に関する同意書を取得したあとに、治療状況に関して何か意見してくる可能性もあります。

そういう場合は、医師や弁護士に相談することをおすすめします。

まとめ

研究
  • 加害者側の保険会社から送られてくる書類には、個人情報取得に関する同意書と一括対応の同意書がある
  • 個人情報取得に関する同意書は保険会社があなたに交通事故の慰謝料を支払うために必要な書類
  • 個人情報取得に関する同意書にサインすると、保険会社が診断書、診断報酬明細書を取得できる
  • 個人情報取得に関する同意書にサインをしないと、保険会社が慰謝料の支払いをできない
  • 一括対応の同意書は加害者側の保険会社が自賠責保険の対応を担当するための書類
  • 一括対応の同意書にサインしないと、あなた自身で自賠責保険や病院などとやり取りをしなくてはいけない

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

交通事故の被害に遭った時は当事務所にすぐにご相談を!

お電話での無料相談はこちら

0120-343-028

交通事故についてのご相談は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは横浜横須賀法律事務所までお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00
 定休日:土日・祝日
ご予約いただければ土日・祝日・上記時間外も対応可能です。

横浜横須賀法律事務所の概要はこちら

横浜横須賀法律事務所の所在地

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分

交通事故の被害者の方のお問い合わせはこちら

交通事故に遭遇している

電話で無料相談

0120-343-028

メニュー

運営事務所

事務所

横浜横須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ
0120-343-028
メールでのお問い合わせ
住所

〒220-0011
横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル302B 

横浜駅東口から徒歩3分、新高島駅から徒歩5分、高島町駅から徒歩5分